SEABLOGスポーツ

潮風涼、スポーツの話題からビジネスで大切なあることについて話します。
SEABLOGスポーツ TOP  > 

ノーモア巨人、驕る巨人は久しからず

 読売ジャイアンツ滝鼻オーナーが、文部科学省からセリーグ開幕を延期するよう求められたことに対し、「節電してくれってことは政府が言うことだろうけどさ、開幕を何日にしろなんてのはお上(かみ)が決めることかね」と発言したようだ。

 ナベツネからオーナーが変わっても発想は同じ。プロ野球が市民のおかげで成り立っているという意識はまるでないような発言。反感すら覚えてしまう。こんな球団をかつて応援したことを恥じるとともに、二度と巨人の試合はいらないと感じてしまう。

 さらに読売滝鼻オーナーは、「パ・リーグが先行していろんなことを決めているようですけど、そうはいかない」とセパ同時開幕への動きもけん制し、交流戦をやめるというカードをちらつかせてパリーグの言論封じをしようとしている。

 今、パリーグには、斎藤佑ちゃん、ダルビッシュ、マー君をはじめ人気者がずらり。巨人の試合よりも真っ向勝負の面白さは格段に上だろう。今年から星野監督のパフォーマンスもある。驕る巨人は久しからず。もう、巨人の試合なんてテレビで放映しないでほしいほどだ。その代わり、パリーグの面白い試合とメジャーリーグをお願いしたい。

 ノーモア巨人、ノーモア滝鼻オーナー、ノーモアナベツネ。
[ 2011/03/23 20:54 ] その他 | TB(0) | CM(0)

パイオニア野茂投手の偉業を決して忘れない!

 野茂投手が引退する。SEABLOGスポーツでは野茂投手を日本のプロ野球選手を世界へ羽ばたかせた先駆者として、そして自分の意志を貫いた信念のプロアスリートとして尊敬してきた。その偉業を讃えたコラムも何度も書いてきた。
 その野茂投手が引退する時がきた。だが、まだまだ日本の野球界は野茂投手に追いついてはいない。その意識と考え方には大きな隔たりがある。改革を忘れたプロ野球界。引退した野茂投手を迎え、今からでも学ばなければならないことはたくさんあるのだが。
 ごくろうさま野茂投手!私たちはあなたの野球人生をかけた勇気ある行動とその輝く野球人としての活動を決して忘れない!
[ 2008/07/20 18:21 ] その他 | TB(1) | CM(0)

上原投手のメジャーでの活躍を期待する

 巨人上原投手がメジャー挑戦を公言した。やっと自分の意思を言える時期が来たということだろう。メジャーを直訴したときから今まで自分を隠すしかなかった上原投手。過去のSEABLOGスポーツでは何度も上原投手を取り上げてきた。先頭に立って戦った時期、ふてくされていたとしか思えない時期、自分を隠して我慢してきた時期。我慢した時期にはストッパーにもなった。やっと再び自分を解放できる時期が来た。ぜひ以下の過去記事を読んでみて上原投手とプロ野球を考えてみてください。
[ 2008/04/08 08:43 ] 巨人 | TB(4) | CM(-)

落合中日を北京オリンピックへ

 日本シリーズの最終戦。完全試合を前に投手交代させた落合監督への賛否で久しぶりに中日の話題が盛り上がっている。優勝争いしていても阪神と巨人に隠れ、日本シリーズでも日本ハムに話題をさらわれた落合監督初の話題独占かもしれない。
[ 2007/11/03 00:32 ] 野球 | TB(1) | CM(-)

野球界は人材不足

 プロ野球有識者会議が根来コミッショナーの続投という意見で一致したとのことだ。改革の嵐はとうに静まり、いまや有識者もそうでない人もプロ野球に関わる同じ穴のムジナ。改革されては利権がなくなると言わんばかりの現状で最善のコミッショナーは何もしない人ということなのだろう。
[ 2007/01/17 22:54 ] 野球 | TB(2) | CM(-)
Welcome
SEABLOGの潮風涼です
よろしくお願いします
Contact
SEABLOG潮風涼へのメールはseablogsports※yahoo.co.jpへどうぞ。(メール巡回収集対策で@を※にしています。@に訂正して送信ください)
Google