SEABLOGスポーツ

潮風涼、スポーツの話題からビジネスで大切なあることについて話します。
SEABLOGスポーツ TOP  >  スポンサー広告 >  陸上・マラソン >  追加の金メダルを

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

追加の金メダルを

 アテネオリンピック男子マラソン銅メダリストのデリマ選手がCAS(スポーツ仲裁裁判所)に対し、追加の金メダルをという内容で提訴をしたらしい。


 デリマ選手といえば、トップを独走していたのに暴漢に走路を邪魔され、3位になってもニコニコしていてメダルを取れたことを喜んでいるというコメントですがすがしいアスリートという印象で有名になったが、なぜ今になって提訴に踏み切ったのだろう。
 内容からすれば1位2位の順位を変更することなく金メダルをというものなのだが、そういう内容だからこそやはり「なぜ」という感がぬぐえない。
 デリマとブラジルオリンピック委員会は「デリマ選手が受けた損害を償うため」と理由を挙げているが、報奨金という意味でならばブラジルではデリマ選手に金メダルと同等の報奨金が進呈されたのではないか?
 デリマ選手は「私は実際一度も嫌な気持ちになってない」「私は何色でもいいからとにかくメダルが獲りたかった」「メダルを獲るという夢がかない私はとても幸せだ」と言っていて素晴らしい選手だと感動を呼んだはずなのに。
 その後のニュースでは杜撰な警備体制にブラジル中が怒っていて、金メダルを要求しているという記事があった。とすれば、この世論にブラジルオリンピック委員会が耐え切れず、提訴したというのが真実なのだろう。とすれば、「デリマ選手が受けた損害を償うため」というのは逆にマイナスイメージになりはしないか?「デリマ選手の名誉を守るため」などにはならなかったのか?損害を償うという表現の裏には何か賭けのにおいが漂ってしまう。
 今回の提訴では順位は変更されないだろう。デリマ選手の提訴の理由を話している報道がほしい。
[ 2004/10/05 07:43 ] 陸上・マラソン | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL

Welcome
SEABLOGの潮風涼です
よろしくお願いします
Contact
SEABLOG潮風涼へのメールはseablogsports※yahoo.co.jpへどうぞ。(メール巡回収集対策で@を※にしています。@に訂正して送信ください)
Google


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。