SEABLOGスポーツ

潮風涼、スポーツの話題からビジネスで大切なあることについて話します。
SEABLOGスポーツ TOP  >  楽天 >  楽天にとって掛布監督は捨て駒?

楽天にとって掛布監督は捨て駒?

 楽天が掛布氏に監督就任を打診したとのことだ。掛布氏がインタビューに答えていたが、以前にも楽天三木谷社長関連で同じようなシーンを思い出す。そう、太田府知事が楽天の本拠地として打診されていると答えていたことだ。


 太田府知事はその直後にまったく予告も無く仙台本拠地という報道によって裏切られた。その後の困惑した表情が、連絡も無かった失礼を表している。
 掛布氏も同じではないのか?楽天三木谷社長にとって掛布氏は太田府知事と同じ扱いである可能性は否定できない。明日にでも楽天監督に原氏を起用という記者発表があっても驚けない。
 そもそもナベツネ傀儡の楽天にあって掛布氏の名前は傀儡色を薄めて、疑惑を隠すための手段でしかない。今表だって原監督を発表したらナベツネの魂胆丸見えになってしまう。パリーグ内にも傀儡巨人を作り、次の球界再編へのシナリオはどう書いているのだろうか?
 楽天がパリーグに参戦し、1年後にナベツネの意向でどこかと合併するのは容易なことだ。巨人と合併でもいい。セ・パを超えた合併の実現により、強制的1リーグ実現なのだろうか?
 掛布氏は今すぐ楽天三木谷氏の要請を断った方がいい。さもないと太田知事と同じくピエロになりかねない。
[ 2004/10/08 07:43 ] 楽天 | TB(1) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL

楽天の監督候補に掛布と言うけれど・・・
7日、掛布が楽天から複数年契約の年棒1億円という条件で正式に新球団監督の要請を受けた。
[2004/10/19 23:12] ポポのがんがれ日記
Welcome
SEABLOGの潮風涼です
よろしくお願いします
Contact
SEABLOG潮風涼へのメールはseablogsports※yahoo.co.jpへどうぞ。(メール巡回収集対策で@を※にしています。@に訂正して送信ください)
Google