SEABLOGスポーツ

潮風涼、スポーツの話題からビジネスで大切なあることについて話します。
SEABLOGスポーツ TOP  >  楽天 >  ライブドア、オマリー氏に監督要請

ライブドア、オマリー氏に監督要請

 ライブドアが元阪神のオマリー氏に監督を打診し、好感触で就任発表へ進みそうだ。いろいろ声を掛けてあっさりと裏切るような行為を行なう楽天と違って、ライブドアは1つ1つ進めていく会社らしい。


 地下で根回しを得意とする楽天は複数に声を掛け、利用できるひとりに絞り、あとはうまく断るという行動パターンをとる。
 それに対してライブドアは一気に進めて○か×かを即断して、×の場合にはすぐ次の行為に移る。それができるのは決断力と行動力、および根回しをしないで正面突破をする堀江社長のポリシーによるものだろう。
 堀江社長が仙台に決めたのも即断だった。松山の坊ちゃん球場関係者が最も候補としてふさわしいと動き堀江社長に打診をした時には、もうすでに先にオファーのあった仙台に決めていたそうだ。松山も決して遅くなかったが、仙台はもっと早かった。
 これが楽天の行動パターンならば、いったん聞いておいてリザーブとしてキープしたのではないか?リザーブをおかない堀江社長の行動は、進んでいるときには強みだろう。よりよきものを時間をかけて探すより、スピード重視で一気に攻める。短期決戦向きだ。
 オマリー氏がだめならばすぐ次の候補に当たるだろうが、現時点では楽天の掛布氏にあたる人物はいないと見ていい。
 さて、ライブドアは参入を認められるだろうか?
[ 2004/10/14 11:12 ] 楽天 | TB(1) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL

仙台新球団第二回ヒアリングとホークス
しかしヒアリングのニュースってのはツマランな。申し訳程度の映像に棒読み芝居。あれじゃ取材させている意味はないだろ。その映像を見ながらふと考えた。ダイエー高木社長はホークスの単独継続所有をお願いしている様だが、もしそれが認められない場合は売却となる。
[2004/10/14 20:12] 楽天的脳天気 雑記編
Welcome
SEABLOGの潮風涼です
よろしくお願いします
Contact
SEABLOG潮風涼へのメールはseablogsports※yahoo.co.jpへどうぞ。(メール巡回収集対策で@を※にしています。@に訂正して送信ください)
Google