SEABLOGスポーツ

潮風涼、スポーツの話題からビジネスで大切なあることについて話します。
SEABLOGスポーツ TOP  >  NPB >  自ら不人気球団を選ぶ疑問

自ら不人気球団を選ぶ疑問

 なぜプロ野球はわざわざ人気のない方を選び、自らファンを遠ざけるような決定をするのだろう?黒字にする気はないのか?


 プロ野球が興行であり、経営であることをわかっている審査小委員会のメンバーはいるのだろうか?これが楽天を選ぼうとしているプロ野球に対する最大の疑問だ。
 そもそも審査基準は何だろうか?事前に発表された内容は、(1)参加申請書の妥当性(球団経営の継続性、安定性、発展性など)(2)現行野球協約との整合性(3)専用球場など施設の能力、野球観客の需要など(4)選手コーチ陣の確保の見通し、見込み(5)親会社と球団の経営状況の分析(6)公共財としてふさわしい企業であるか、の6点だが、球団経営を黒字にできるかどうかよりも、親会社が赤字でも耐えらて投げ出さないかということと、公共財としてアダルトをどう扱っているかの2点の差ばかりが審査基準であるかのように報道されている。
 そもそも球団経営を黒字に出来ない審査委員たちに黒字に出来るかどうかの判断は無理なのだが、無理ならば最初から人選が間違っていたのだ。その審査委員たちは、豊蔵委員長、巨人の清武球団代表、横浜の山中球団専務、西武の星野球団代表、ロッテの瀬戸山球団代表の5人。元役人と問題の3球団(巨人、横浜、西武)と赤字球団のこのメンバーに審査を任せて本当にプロ野球はだいじょうぶなのだろうか?
 審査基準が事前に公開されたといっても具体的内容は何も明確にされていない。審査小委員会は絶対評価すべき基準を2つの対比という相対評価でごまかす発言しかしてきていないし、マスコミも同じ取り上げ方だ。
 審査委員には実質権限がないのだからそこまで言ってはかわいそうだという意見もあるだろう。ずっと同じことの繰り返し。権限があるのは渡辺旧オーナーだけなのか。
 審査小委員会が2日新規参入1球団の結論を発表し、おそらく楽天球団が誕生する。ファンはストの時にこんな新規参入を望んでいたのだろうか?これで妥結していいのか?
 プロ野球選手会は近鉄の合併凍結をできなかったのに、現状維持の12球団を獲得しただけで活動をやめてしまったかのようで、新規参入に関してはほとんど知らん振りしているかのようだ。プロ野球の人気をもっと盛り上げるために積極的になぜ関与しないのだろう。
 パリーグのオーナーもセリーグのオーナーも未だに巨人戦さえやれば球団経営が改善すると思っているし、楽天も巨人戦をやって巨人からちょっと有名選手でも移籍すれば現在の不人気は解消するかのように考えているのだろう。だが、そんなにファンは甘くない。楽天では意味がない!
[ 2004/11/01 00:15 ] NPB | TB(4) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL

【仙台新球団】知事にメール「審査に民意反映を!」
アダルトサイトの問題が取り沙汰された時、知事は言いました。「新規参入への熱意を評価すべき」と。では僕や僕以外の多くの人が抱いている「ライブドアとともに球団を育てていくことへの熱意」はどう評価されるのか?まったく評価されないのであれば、「地域密着」はまさに
[2004/11/01 01:12] 日刊 みうらまこと
「闇パトロン」が唯一の差か。 
プロ野球12球団の代表者が出席する実行委員会(豊蔵一議長=セ・リーグ会長)が29日、東京都内のホテルで開かれ、仙台市を本拠地に加盟申請している情報技術(IT)関連企業のライブドアと楽天のどちらかを、来季から新規参入球団として認め、11月2日のオーナー会議
[2004/11/01 01:21] sunrain
プロ野球は愛するものの手に渡るのか~ライブドア楽天参入問題に向けて~
プロ野球に今までになかったプロセスで設立から市民球団、市民に愛される球団が誕生するチャンスがいよいよ訪れようとしています。が市民に愛されるか地域に密着して共に生きていけるのかが問題とされないまま決まろうとしています。こと企業単体としてみると私自身楽天
各球団のオーナー様へ
本日、各球団の公式サイト上で公開かれているメールアドレスにオーナー宛の文章を送信しました。各球団のオーナーの目に触れる可能性はほとんどないでしょうか、やれることはやって行きたいと思います。もう時間がない!以下、送信した文章です。
Welcome
SEABLOGの潮風涼です
よろしくお願いします
Contact
SEABLOG潮風涼へのメールはseablogsports※yahoo.co.jpへどうぞ。(メール巡回収集対策で@を※にしています。@に訂正して送信ください)
Google