SEABLOGスポーツ

潮風涼、スポーツの話題からビジネスで大切なあることについて話します。
SEABLOGスポーツ TOP  >  スポンサー広告 >  野球 >  西武の契約保留と赤字体質改善

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

西武の契約保留と赤字体質改善

 西武の契約更改で保留者が続出している。日本一になったこともあり、その報奨を期待していただけになおさらなのだろう。


 かつて阪神タイガース久万オーナーは優勝しないほうが年棒を上げないでいいからと本音か悔し紛れかわからないような発言をしていたが、そういえば阪神の選手の年棒はなかなか上がらなかった。湯舟投手のようにもっと上げてあげたらいいのにと思うくらいの選手も多かった。
 逆に西武は巧妙で、一部有名な選手だけ貢献以上に年棒を上げることで大盤振る舞いしているかのような錯覚を起こすような契約更改が特徴だった。
 その西武だが、今年は日本一の報奨といつもの松坂投手のような一部有名選手のアップ度で大半の選手も期待したのだろう。だが、西武は身売りを画策したほどの球団だ。プレーオフと日本シリーズの入場者数を見ても西武球場の入場者数が群を抜いて少ない。経営赤字は毎年20億円とのことだ。球団が残っていること自体ありがたいくらいの状態だ。
 今後プロ野球は構造改革として選手年棒にもメスを入れる必要があるだろう。プロ野球が健全な経営をするためには人件費総額は重要なファクターだ。
 だが、今のままでは選手会としても経営参画しようにもできない。西武のやっていることは経営改革のつもりでも西武球団の都合を選手に押し付けていることになりかねない。不透明な経理のままでは納得できなくて保留が多くてもしかたないことだ。西武球団には球団を手放す前に他球団にも参考になるような、選手も納得できる透明な年棒決定方法を決めてほしいものだ。
[ 2004/12/09 19:36 ] 野球 | TB(4) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL

超厳冬
西武ライオンズの契約更改が荒れてます。不満を口にする物続出!!さすがに日本一になってあの上がり幅はちと厳しいと思う。経営難で身売りまで考えてる球団やから、ある程度上がり幅が抑えられるとは予想してたけど。でも、やっぱあれだけ査定が低いと選手もやる
[2004/12/10 00:56] Jumble Box
第62話 契約更改で知識不足
連日、紙面を賑せている野球選手の契約更改。喜びや怒りの声がたくさん聞こえますが、相変わらず代理人が少ないなぁ、というのが個人的な感想。それから、あれ?なんでだろう?と思ってしまったのが、コンナ質問された時『素人目に見るとサァ、選手の契約はほとんどの
「日本一写真展」宣伝努力がなっていない件。
1週間ぶりの更新です。多忙&ネタ不足の結果こうなっちゃいました。アクセス数激減…というわけで、今夜もテレビ朝日「Get Sports」を横目に観ながら書きます。まず、当ブログのリンクにもある「北海道で西武ライオンズを応援する会」の12月4日の日記を読んでください。
[2004/12/13 01:48] おもちゃばこ.net
ファンに年俸査定させてくれ!
今オフの西武は厳しい年俸査定で保留選手が続出している。一部本当にかわいそうだと同情したくなる選手もいることはいるが、何度も言ってきているように西武の査定がまともな査定であって、他球団の青天井なUP率が異常なだけなのだ。一部の球団だけが年俸水準の抑制に動
[2004/12/13 15:47] 西武農園管理日誌
Welcome
SEABLOGの潮風涼です
よろしくお願いします
Contact
SEABLOG潮風涼へのメールはseablogsports※yahoo.co.jpへどうぞ。(メール巡回収集対策で@を※にしています。@に訂正して送信ください)
Google


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。