SEABLOGスポーツ

潮風涼、スポーツの話題からビジネスで大切なあることについて話します。
SEABLOGスポーツ TOP  >  スポンサー広告 >  楽天 >  楽天の教訓

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

楽天の教訓

 今年のプロ野球はペナントレースよりも場外でたくさんの話題を提供してくれました。なかでもオリックス、楽天、巨人の行動からは様々な問題点が浮き彫りになってきました。
 オリックスの教訓に次いで今回は楽天関連の記事から振り返ってみます。


楽天三木谷社長の誤算
コメント:ヒーローに敵対する者はヒールとして扱われよほどのことがない限りそのイメージの払拭は難しい。旧勢力の手下と見られてしまった楽天は今後覚悟を決めて旧勢力の既得権による弊害を改革していかなければならない十字架を背負った。ヒーローの存在が消えてみんなが忘れるのを待っているのではなく、積極的な行動でイメージ払拭を望みたい。

三木谷氏の価値観(知事の位置は?)
コメント:相手が自分に役に立つかどうかで態度を変えた三木谷氏。それがITビジネスだと思われるのはITビジネス界の損失だ。スピード重視か根回し重視かという問題もあるが、役に立つと思う相手にはしっかり根回ししていたこと。今後こういう行動は必ず自身に返ってくることは覚悟しての行動だと思えば潔いのかもしれないが。

楽天にとって掛布監督は捨て駒?
コメント:楽天の三木谷社長の相手を思いやらない行動には何度も驚かされます。どういう背景があれば平気でこういう行動がとれるのか人物伝を書いてみたいくらいです。ミスタータイガース掛布氏への行動も思ったとおりで、掛布氏もこういう人物と関わらなくてよかったと思います。でも三木谷氏のこういう問題の多い行動を全く取り上げない新聞、TVにもびっくりですが。(さすがに週刊誌には取り上げられているようです。)

目が笑っていないと楽天社員
コメント:ビジネスと人間性は関係ないということなのでしょうが、スポーツの世界をビジネスライクに進めると必ずファンからの反感を買うことが想定され、その対応に今後注目です。

またか!楽天!
コメント:三木谷さんは今若い世代が何をしないといけないのかという使命感がないと思います。自分がよければいいのでしょうか?世の中は不透明な既得権にノーと言っているのに、そこに擦り寄っている行為には老害と同じ背景を感じます。もっと楽しいプロ野球にしたいものです。
三木谷氏はビジネスとしてという以前に人間として、やってはいけない行動が多いと思います。相手の気持ちを考えるという最も基本的なことができない行動が多く、企業イメージに大きなマイナスだと思います。なぜこういうマイナス行為を平気で行なうのか?個人の利益のためでもない限り、ありえない行動ではないでしょうか?地域のためを考えているなど、絶対に口にしてほしくありません。


改革ムードの持続と第一印象
コメント:楽天と違ってぐっと待ったソフトバンクにはあまり反感が出てきませんでした。ヒーローに対してヒール役を担った楽天と門外漢を貫いたソフトバンクの作戦の違いでしょう。孫社長は徳川家康の戦略に学んだということなのかもしれません。ならば三木谷氏は豊臣秀吉なのか、明智光秀なのか。

2つの野望とプロ野球
コメント:新規参入が楽天に決まって残念な思いが大きかったのですが、なぜかと考えるとやはり今のボロボロになっているプロ野球が楽天のままでは変わらないのではないかという失望感が大きいのと、なぜ後から邪魔しに入ったような動きをした方が認められるのかという不公平感が大きいと思っています。ただ、三木谷氏は野心家だと思いますので、既得権を守ろうとするオーナーの言いなりにならない可能性もあります。プロ野球に毒されてどんどん既得権者と同じになっていくか、自分なりの改革を少しずつでも行なっていくのか本当に注意して見ていく必要があります。既得権者と同じになったときにはファンは三木谷氏にノーを突きつけるときです。参入決定時の記者会見を常に楽天のサイトで公開しておいてほしいものです。
三木谷氏を味方につけるように選手会とファンが働きかけるしかないかもしれないですね。自分に圧倒的にファンが味方していると思ったら行動を起こそうと考えるかもしれません。そうしないとちょっと何か言いながら結局何もしないでうまく乗り切ってしまうようなことになるかもしれませんので。プロ野球の改革はまだまだこれからなので、やっぱりファンと選手会がもっと動かないといけないですよね。


救世主も、もう外様
コメント:楽天は誕生からしてなかなか大変だと思います。どう地域球団として人気を盛り上げていくのか、地域へのいろいろなファンづくりの見本となるような活動をしてほしいですね。楽天が入ったからといって落ち着いてしまうとあまり変わったという印象はありません。やはり旧態依然としたプロ野球界の体質が変わったというまでこの機会にがんばってほしいと思います。そのためにはファンと選手会が一緒になって主張していかないといけないと思います。それを後押しすることを楽天は期待されている。それができるかどうかが今後の三木谷氏を決めると思います。
三木谷氏に関しては今後宮内オーナーの道を歩まないように注視していく必要があると思っています。ファンの声を三木谷氏へと届けることによって間違った方向へいかないように。


楽天より仙台を!
コメント:プロ野球が企業の思惑で動かされないようにするためには地域に根ざしたプロスポーツとしての地位を確立することが重要だと思います。そのためにも楽天イーグルスは楽天のチームではなく、仙台のチームとして楽天が退却してもビクともしないような経営基盤を期待しています。

宮城県知事の手腕
コメント:全国にプロスポーツが広がり発展するためには地域密着はなくてはならないものだと思っています。新潟の動きに要注目ですね。
ちょっとずつ楽天が進んできている感じですね。楽しみですね。うまく勝てるチームになって仙台の地域球団になる日を期待しています。


楽天関連でわかるビジネスシーンで役に立つことは、企業のイメージ作りの難しさと経営者の資質の関係。ビジネスの世界の常識と一般の世界の常識の乖離。つまり、強いものに流されるのではなく、しっかり自分の意見を持ち、言うべきところは言わなければ誰からも支持されないだけでなく、味方だと思ってたその強いものからも軽く見られてしまう、ということですね。政治と同じですが、改革を口にすると支持を得やすいですが現実を見なければ視点を誤ってしまうという点は一般の側での教訓でもあると思います。
[ 2004/12/29 13:38 ] 楽天 | TB(1) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL

そのファンが熱狂的か否かを決める尺度は金額ですか?!★★楽天のバックネット裏年間シート高額落札で報じられた球団代表の談話に思う★★ミキティにキャント・バイ・ミー・ラブを唄ってやろうぜキャンペーン始めます。
1月4日午後11時、楽天がインターネットのオークションで販売していた年間シートが
Welcome
SEABLOGの潮風涼です
よろしくお願いします
Contact
SEABLOG潮風涼へのメールはseablogsports※yahoo.co.jpへどうぞ。(メール巡回収集対策で@を※にしています。@に訂正して送信ください)
Google


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。