SEABLOGスポーツ

潮風涼、スポーツの話題からビジネスで大切なあることについて話します。
SEABLOGスポーツ TOP  >  スポンサー広告 >  スポーツ >  逆境でこそ真価が問われる(おめでとう井上康生選手)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

逆境でこそ真価が問われる(おめでとう井上康生選手)

 井上康生選手が嘉納杯柔道で優勝した。アテネでの敗北からの復活に心からおめでとうと言いたい。


 以前に「再起への道程」を書いたときに井上康生選手から一度も言い訳を聞かなかったと書いた。彼こそがプロ魂だと書いた。その井上選手は復活にかけて得意技の内股にこだわったそうだ。それは父の明氏から「自分の得意技の復活なくして復活はない。内またにこだわれ」と言われたことが支えとなったそうだ。
 井上選手は、アテネでの敗戦にもかかわらず主将としての役割りを果たした。いろいろな集会や宴会のすべてに出席して堂々としていたそうだ。他の選手の金メダルに笑顔で拍手を送っていたそうだ。敗戦という結果から逃げることなく、自分自身に向き合う。
 人として、負けたときや逆境のときこそが大切だ。決して逃げず、努力を重ね、結果を出す。井上選手の生き方こそがプロだろう。さらにそういうときに応援してくれる人こそが信頼できる人だ。いいときにだけ寄ってくるような人が社会ではどれだけ多いことか。
 井上康生選手の生き方に拍手を送りたい!おめでとう井上康生選手!

リンク記事:再起への道程(井上康生選手のプロ魂)(2004.11.26)
[ 2005/01/10 16:58 ] スポーツ | TB(-) | CM(-)
Welcome
SEABLOGの潮風涼です
よろしくお願いします
Contact
SEABLOG潮風涼へのメールはseablogsports※yahoo.co.jpへどうぞ。(メール巡回収集対策で@を※にしています。@に訂正して送信ください)
Google


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。