SEABLOGスポーツ

潮風涼、スポーツの話題からビジネスで大切なあることについて話します。
SEABLOGスポーツ TOP  >  巨人 >  巨人の教訓

巨人の教訓

 昨年のプロ野球はペナントレースよりも場外でたくさんの話題を提供してくれました。なかでもオリックス、楽天、巨人の行動からは様々な問題点が浮き彫りになってきました。
 オリックスの教訓楽天の教訓に次いで今回は巨人関連の記事から振り返ってみます。



一場投手の将来
コメント:プロ野球の古い体質がどんどん出てきて世の中はますます新規参入球団、特にライブドアに追い風なのですが、さて古いオーナーたちはそれでも抵抗するのでしょうか?今回のようなことがあれば、オーナーはオーナーをやめるだけではなく読売新聞、TBS、阪神電鉄をやめるべきだと思います。そうしないと何も痛みがわからないでしょう。
一場選手が悪くないわけではないですが、それに関わっている人も一場選手と同じような痛みがない限り、また同じようなことは続けられると思います。こんな責任感のない人たちがオーナーをやっているからプロ野球界が今のようになってしまったのだと思います。そこに全く異分子のライブドアがやってきて、今の既得権が否定される可能性がでてきて、あわててライブドア排除を考えたというのが楽天参入だと思います。排除しておかないと今回のように次々といろいろな裏金や利権が明るみにでると思ったのかもしれません。
野球界のプロとアマの関係は外から見ると異常です。アマ側の問題も大きいのですが、内部からの改革はなかなか進まないですね。プロ経験者が学生の指導に携われるようになる必要性は大きいと思います。またプロ経験者がアマでプレーできない(社会人野球は2人まで)意味はもはやないと思っています。後発のJリーグに見習う点は多いのですが、外部からの改革風が吹かないとなかなか進まないですね。
この問題についてプロ野球界はきちんと調べなければならないと思います。このままオーナー辞任と一場投手ひとりが現金授受に関係していたでは誰も納得しませんし、ますますプロ野球からファンが離れていくと思います。
プロ野球オーナーにとってプロ野球の試合に興味はあまりないのでしょうね。そんな人がオーナーをしているプロ野球が現在のような状況になってしまうことは当然なのかもしれません。だからこそこんな汚れた風ではなく、改革の透き通った風がほしいです。
一場投手だけ悪者にしてオーナーは辞任して終わりでは全然重さが違うと思います。明大別府前監督の発言も他人事のようで、教育者としても監督としても突き放したような言い方なのは疑問が残ります。
プロ野球界にその後の内部調査の動きはないようですね。一場選手以外に発覚することで大調査をしなくてはならなくなるので、それを避けたい球界は、他の選手の栄養費やタクシー代の分は、今はすべて返却したことになって実態を消されてしまっているのではないでしょうか?これを機会に意識が高まり、新たな抜け道を探すのではなく、改革に向うことを期待していますが、隠してしまう人たちにできるでしょうか。
一場投手の楽天入りが明日のドラフトで正式に決まりそうです。一場選手に対してはもう大学卒業なんだからもっと社会に責任感を持つ意識が必要かなと思いますが、その周囲、特に明治大学関係者が何をしてるんだろうという気もします。そういうことも大学の監督・指導者として教えることなのではないのか。専大北上高校で問題があったように指導者・関係者の問題をこのままにしてはいけないのではないかと思っています。メジャーリーグが日本で高校生や大学生を獲得するのをやめた理由に関係者から金銭を要求されたということが言われていますが、そういう土壌を改革することも必要な時期だと思っています。


名監督との差は何か(監督の役割り)
コメント:堀内監督はあの戦力で優勝できなかったことを自分の意志で作ったチームではないからという言い訳のために来年は自分の意志もチームにしたいのでしょう。それを球団が認めたから強気で桑田投手と清原選手に対していると思います。桑田投手も、清原選手も自分から出て行くくらいの気持ちでがんばってほしいと思います。堀内監督が続投が決まっているのだから、そこで1年無駄にするのは本人にとっても野球界にとっても損失です。このまま残ってしまうと、これからはパリーグだと言ってプロ野球を盛り上げている新庄選手の方がずっとプロ野球のことを考えていると思えます。
「おれは引き際は間違えなかった」というのはコーチの職があるときに辞めた程度の意味にしかとりようがないと思います。いつも負け試合のリリーフだったはずなので、今の桑田選手よりも選手としては重要な局面では登板していなかったと思います。そもそも敗戦処理投手を気楽な立場と罵倒していたピッチャーですから、自分が敗戦処理をしてみてそれも長い時間かかってやっと引き際に気がついたので、気がついたら辞めたということかもしれません。だとすれば気がつくのがすごく遅かったという意味にもなります。どっちにしてもこんな言葉を発する監督は許せないですね。


プロ野球改革のタイムリミット
コメント:今こそがプロ野球がもっとファンを増やし、今までの様々な問題を改めて、改革するために絶好の機会だと思っています。なぜなら、ファンの後押しがあるからです。選手会も心あるオーナーもプロ野球だけでなく日本の野球文化そのもののためにも今、声を出し、実行してほしいと思います。
プロ野球もJリーグのいいところをどんどん取り入れたらいいと思います。地域密着ではなく企業の広告塔なので、その点が弱いのだとすれば、地域密着球団を増やす努力をしてもいいと思います。改革案に入れて本気で考えてもいい時期だと思います。プロ野球は今まで男の子の一番身近なスポーツだったので今があると思いますが、その地位をどんどんサッカーに取って代わられています。今のままではプロ野球はサッカーと比べてそんな地道な活動に不足しています。オーナーもコミッショナーも今のままでは期待できそうにないし、選手会もまだまだ本気のようには思えないので、ファンが後押しして三木谷氏ががんばる気にでもならなければ本気の改革はできないままなのではないかと。そうすればメジャーの方がやっぱり魅力的に思えてしまう。今の3倍くらいの日本人メジャーリーガーがいるようになれば、もうそっちを放映したほうがいいですよね。もう一部会社やオーナーによるプロ野球の私物化はやめてほしいと思います。
プロ野球改革は本当に根本的なことから始めないといけない時期だと思っています。そうしないと日本のプロ野球はどんどんメジャーリーグのステップ化してしまう。各球団経営者たちはまず経営の透明化から始めないといけないのではないかと思っています。今まで赤字でもかまわないということで表に出せない数字が多いことは想像できます。そのために非難されるオーナーが数多く存在するのではないかとも。しかし、健全経営ができてこそ発展もある。オーナーが変わった球団あたりからでもいいので、ぜひ明らかにしてほしいと思います。難しいのでしょうが...。楽天やソフトバンクがこの既得権者の仲間入りするか改革を推進してくれるかは情報公開度でもわかると思います。少し、期待していますが。
プロ野球界自体に関してファンがこれほど一生懸命なことはそうあることではないと思っています。各球団を超えてプロ野球のことを考えてもらえるようなファンが多いことはすごいこと。これがわからないような球団経営者は不要ですが、そういう経営者が球団経営しているの球団が多いのも事実です。メジャーリーグに対して鎖国のようなことを言い始めたら終わりだと思いますが、それまでならば12球団もあるので1つくらいは気がつく球団があってもいいと思います。もう少し危機感が必要な人たちばかりのようですが...。


プロ野球と人事異動
コメント:巨人から新しいリーダーなんて、出てこないのでしょうね。その間にどんどん取り残されてしまうということを気づいている人もいるでしょうけど。堀内監督が仁志のメジャー行き対し、G戦士としての誇りをすてないでほしいという記事があったりしますが、どんな条件でもメジャーに行きたいということがG戦士の誇りを捨てるという考え方になることにすごく違和感を覚えます。Gが気づくのはいつか?
プロ野球はやはり企業スポーツの延長の意味合いがかなり高く、そのために独自での経営が疎かになってきたと言えるのでしょうね。プロ野球が大相撲のようにならないために、やはり今、改革を進める必要があると思います。そのためにはまず球団経営を透明にしないと!何が問題なのかが私物化している一部の人にしかわかりません。
プロ野球経営をだめにしえいるのは、親会社から身分保証でやってきている球団経営者です。オーナーも社長も代表も球団経営に関しての責任はなく赤字でいいわけなので、こんな楽な立場はありません。この企業の無責任な出向のような立場の人が存在する限り、なかなか球団経営はうまくいかないかもしれないですね。今後、市民球団とか球団自体を黒字にするための人を配置できる新しい球団が増えてほしいと思っています。またよろしくお願いします。


ヒールの存在とヒーロー
コメント:報道では清原選手巨人残留だと言われていますが、もし清原選手が巨人に残留するようなことになれば、たとえ巨人でレギュラーをとっても半分は失望だと思っています。男気が清原選手の売りだったはずなのに。ここで決断できない男は本当のヒーローとは言えないと思います。そのうえ世の中の空気は改革を求めているのにそれを読めないのならば清原選手の今後には指導者もないと思います。それは指導者の資質のひとつだと思うので。タレントとしての道を選ぶとしてもヒーローではないので...。清原選手はまたきっちりと話をするそうですが、もっとじっくり考えて結論を出すことを期待しています。プロ野球界のためにも本人のためにも、もっと言えば今後の巨人のためにも残留してはいけないと思っていますが。

巨人球団経営と清原選手残留
コメント:男には決断して立つときというのがあると思います。その時期を逃すとその機会はもう来ないかもしれない。自民党の加藤元幹事長。反旗を降ろし泣いて退却した後にはもうその機会は訪れませんでした。みんなが支持してくれているその機会に決断して立つことはその人の器量を決める最大の機会だと思います。清原は決断しなかった。それだけです。清原選手にはプロ野球全体の問題をその肩に背負わせすぎたかなと思って反省しています。巨人の清原としてレギュラーがとれるようにがんばってほしいと思います。
清原選手がプロ野球をやめるのも近いと思いますが、清原選手はその後何をしたいのでしょう。指導者になりたいのならば、今回の堀内監督を反面教師にできるということでいい体験になるのかもしれません。プレーヤーとしての清原選手にはもうPL時代や西武入団5年目までくらいの輝く場所はないのかもしれませんね。今後の清原選手の動きを見守りたいと思います。


選手の器、人の器(高橋尚成と小林繁)
コメント:高橋尚成選手のような意識を持ってしまうことがジャイアンツというチームの特殊性だと思います。そんななかにいると自分が選ばれたもののように勘違いしてしまって、他の人の痛みがわからない人間になってしまう。巨人の経営者も選手も。そんななかで改革をしようとするのはなかなか大変だと思いますが、上原選手などががんばってくれることを期待します。巨人を反面教師としていろいろ考えさせられることが多いですね。
岩隈選手に関してはできれば仲間の多い楽天へ行って活躍してほしいと思っています。高橋尚成選手は人の気持ちのわからない、人としての器の小ささが言わせた言葉だと思っています。こういう考え方でいる限りそんなに活躍することなんてないと思っています。仲間から信頼されないですもんね。阪神は福原選手が、同じようにトレード要員とか書かれながら、「今、一番大変なのは岩隈くんですから。僕から何か言うことはありません」と発言をしたそうです。さすがですね。人としての器の違いは必ず来年以降の成績に現れると思います。福原選手の来年の活躍を期待します。


優勝できない監督
コメント:堀内監督も鈴木監督ももしかしたら阪神岡田監督も待ちの監督だと思います。そっちから来い、来ないやつはコミュニケーションが足りない。堀内バーに閑古鳥と書かれていましたが、銀座に開店して営業しないバーという感じでしょうか。一等地にバーをつくったから来ない客が悪い。俺を基準に考えるとそうなると思います。もちろんコミュニケーションも営業も出て行かなければいけない。敷居が高い店は入りにくい。俺が一流選手だったならばやはりコミュニケーションしにくい。堀内監督や岡田監督はは自ら門戸を開けなければ進まないことに気がつくでしょうか?鈴木監督の後を追うことがないよう見守りたいと思います。

組織の非情(工藤と桑田)
コメント:桑田投手は巨人に貢献してきた総量としては工藤投手の比ではないと思います。さらにどちらが自己犠牲をしてきたかを考えても同じです。だが、今の巨人は工藤投手への待遇の方が上です。プロは実績が勝負なため、現時点で工藤投手の方が上であるため仕方ないことなのでしょう。だとすれば桑田投手の生き方はどこで間違ったのでしょうか?工藤投手と桑田投手を分けるもの。それはこだわりだと思います。工藤投手にはプロとしてのこだわりが強く早くにプロとしての自己を確立した。それに対し、桑田投手は常に進化を求めプロとしての自己の確立ができなかったということだと思います。桑田投手の人のよさが巨人には便利使いされて、本人に結局マイナスになってしまったと思います。ただ、選手をやめた後での勝負づけはまだこれからです。桑田投手の今後に注目したいと思います。

清原選手にスピードは戻るのか
コメント:下半身を鍛えず栄養を偏らせたダイエット式肉体改造をした清原選手の体は、いまから鍛えることによって復活できるのでしょうか。高野式トレーニングで下半身が戻り、故障しない清原選手が帰ってきたら楽しみですね。現代は科学トレーニングの時代です。オリンピックで日本が強くなったのも精神論から科学トレーニングに切り替わったことが大きい要素です。清原選手もこれだけ故障が多いことを反省し自分のトレーニングに科学の目を入れる機会を今回の騒動で得たと考えたら、得たものが大きい残留騒動だったと思います。

巨人関係の記事からわかることは、その世界・分野の盟主としての責任についてのことが多いですね。自己の利益ばかり追い求めることは結局、自己のクビをしめる行為につながる。またそういう意識を組織内で持ってしまうと崩壊はその構成員から始まってしまうということが大きいことだと思います。
[ 2005/01/12 14:50 ] 巨人 | TB(1) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL

長嶋ブランドにすがる読売の哀れ。こんなセンスでこの先務まるの?
1日付で巨人の球団代表特別補佐に就任した長嶋一茂氏が12日、東京・神田錦町の球団事務所に初出勤し、清武球団代表と2月の宮崎キャンプで行うファンサービスについて話し合った。キャンプでは昼食時間を使って20分間、選手によるサイン会を開くことを決め「子どもたち
Welcome
SEABLOGの潮風涼です
よろしくお願いします
Contact
SEABLOG潮風涼へのメールはseablogsports※yahoo.co.jpへどうぞ。(メール巡回収集対策で@を※にしています。@に訂正して送信ください)
Google