SEABLOGスポーツ

潮風涼、スポーツの話題からビジネスで大切なあることについて話します。
SEABLOGスポーツ TOP  >  NPB >  改革はコミッショナーの不信任から

改革はコミッショナーの不信任から

 巨人の滝鼻オーナーが、居座りを決め込んでいる根来コミッショナーについて「2007年まで続けるということはないだろう」と発言した。


 根来コミッショナーに関しては「コミッショナーはあなたのものではない」で「コミッショナーを辞めさせることが今年まず最初にしなければならない改革だ」と書いたが、渡辺前オーナー辞任後に少しずつだが身近な改革を進めている巨人からの半分不信任ともとれる発言だ。根来コミッショナーにとっては元身内のような巨人からの言葉として意味がある。球界のために野球というスポーツのために2007年と言わず今すぐ辞めてほしい。
 後任は12人のオーナーで議論し考えているとのことだが、ぜひ官僚や企業にいて失敗しないように重要事項を継続審議にして責任を回避して偉くなってきたような人を選ぶということがないようお願いしたい。そういう人事が球界に危機をもたらすこと、それが巡って自分たちの経営に影響することに気づいたことに期待したい。
 ただ、今まで改革しようとしたことがないプロ野球界のことだ。改革は試行錯誤でもしかたがない。大切なのは改革しようとする意志の継続だ。今後、本来やらなければならない制度や組織の改革に向ってくれることを期待する。そのためにファンも選手も球団が行なうことに注目し、意見し、提案していかなければならない。
 曖昧な改革に終らせてはいけない。改革はこれからだ!

リンク記事:コミッショナーはあなたのものではない!(2005.1.5)
[ 2005/01/15 10:20 ] NPB | TB(2) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL

限界は誰か?球界・球団幹部に思う
 球団社長ってなんなんでしょう。ヤクルトスワローズの多菊善和社長は13日に、古田
[2005/01/15 11:59] tamyレポート
負のDNA
DNAと言っても、医学的なDNAではなく、経営的なDNAとして今回はエントリーしたいと思います。(その前に、DNA分野の専門家である、めたかさん、貴サイトでの心遣いありがとうございます。ちょっとそちらではコメントするとご迷惑になる可能性があるかもしれま
Welcome
SEABLOGの潮風涼です
よろしくお願いします
Contact
SEABLOG潮風涼へのメールはseablogsports※yahoo.co.jpへどうぞ。(メール巡回収集対策で@を※にしています。@に訂正して送信ください)
Google