SEABLOGスポーツ

潮風涼、スポーツの話題からビジネスで大切なあることについて話します。
SEABLOGスポーツ TOP  >  メジャー >  いつまでも挑戦者魂を忘れない(クレメンス投手)

いつまでも挑戦者魂を忘れない(クレメンス投手)

 クレメンス投手のメジャー現役続行のニュースが飛び込んできた。投手最高年俸となる総額1800万ドルの1年契約でアストロズと合意したとのことだ。また今年あの力強い投球が見られるのは本当にうれしい。


 「またチャレンジしていくんだという心積もりはできた」というクレメンス投手の強さと魅力を支えているのが、このチャレンジ魂だろう。力で押す投球は年齢を重ねてもますます重みをましてきているようだ。
 プロ選手としてチャレンジ魂を決して捨てることなく、あくまで挑戦し続けてきた結果が現在のクレメンス投手をつくってきた。
 昨年末に99%引退と発言していたクレメンス投手の現役続行の条件となる年棒は2200万ドル。球団は1350万ドルを提示していたようだ。日本の選手が同じことをやれば、年棒吊り上げに引退をほのめかしているのではないかと言われることだろう。この違いは何なのか。
 クレメンス投手の存在と実力と魅力をファンが認め、後押ししているからではないか。
 「先発した翌日なんかは自分が40代なんだと感じるよ」という言葉とそれを感じさせないマウンドでの姿。その姿の裏でどれだけ自分を律し努力して、プロに徹しているかをファンがよく知っているからだろう。自分とメジャーリーグに対する責任を全うしている真摯な姿が感動をあたえるからだろう。
 チャレンジする気持ちを失ったときに人は老いていく。日本のプロ野球でも巨人工藤投手や広島前田選手のようにもっと個人としてスポットが当たってもいい選手は存在するはずだ。そんな選手のチャレンジ魂のぶつかり合い。
 日本のプロ野球の改革のための心構えと方向性。クレメンス投手は日米野球来日とともに大きなプレゼントを日本に贈っていたのかもしれない。

リンク記事:選手は球団を超えられるか(2004.1.20)、組織の非情(工藤と桑田)(2004.12.23)

参考記事
「クレメンスは現役続行 投手史上最高の18億円」
 【ニューヨーク21日共同】引退か現役続行かが注目されていた米大リーグ、アストロズのロジャー・クレメンス投手(42)が21日、投手最高年俸となる総額1800万ドル(約18億6500万円)の1年契約を結んだ。球団が同日、発表した。
 AP通信によると、従来の投手最高額は昨季のマルティネス(当時レッドソックス)で、1750万ドル。大リーグ最高年俸は、ロドリゲス内野手(ヤンキース)の2520万ドル(約26億円)で、クレメンスは4位タイになる。
 18勝(4敗)を挙げた昨季を含め、史上最多の7度もサイ・ヤング賞に選ばれているクレメンスは、年俸調停史上最高の2200万ドルを要求。球団側は、1350万ドルを提示していた。
 クレメンスは大リーグ22シーズン目となり、通算成績は、328勝164敗、防御率3・18。4317奪三振は史上第2位。
(共同通信社1/22より引用)

「衰えぬ挑戦者の精神 力に円熟味加わる」
 現役続行を決めたクレメンスは、40代になってからも力で押す基本的な投球スタイルを変えていない。加えて円熟味が増した分、なかなか負けなくなった。最近5年間の勝率は、7割3分(81勝30敗)と驚異的だ。
 「先発した翌日なんかは、自分が40代なんだと感じる」と、よく冗談交じりに言う。だが、練習に取り組む姿勢には、鬼気迫るものあるという。それを何カ月も続けるのは当然、苦しい。
 「またチャレンジしていくんだ、という心積もりはできた」。こう話せるようになるまで、多くの時間を要したのもうなずける。
 ヤンキース在籍時の2003年のように「最後の1年」とは明言しなかったが、今オフに入ってからは「99%引退」と話していた。約3カ月間、家族とのんびり過ごし“充電”できたことで、再び闘争心がわき起こってきたのだろう。
 何より大事という家族との時間を犠牲にする決意を固めたのは
「競い合うことが大好き」という競技者の本能を満たすためでしかない。エースとしての働きができなくなった時点で潔く引退を決断するはずだが、いったい、いつになるのか…。
(共同通信社1/22より引用)

「復帰クレメンス 息子の言葉大きかった」
 去就が注目されていたアストロズのロジャー・クレメンス投手(42)が21日、現役続行を表明し、投手最高年俸となる年俸1800万ドル(約18億7200万円)で1年契約を結んだ。決断に大きな影響を与えたのは4人の息子たちの言葉。誰よりも家族を愛する通算328勝右腕は“最強の父親”としてメジャー22年目のシーズンに臨む。
 本拠ミニッツメイド・パークで行われた記者会見。クレメンスは三男ケーシー君(10)と四男コディ君(8)を伴い、終始晴れやかな表情を見せた。引退か現役続行か、この3カ月間悩んだ末に出した結論は再びマウンドに戻ることだった。
 年俸調停を回避し、アストロズと合意した契約は年俸1800万ドル。これまでの投手最高だった昨季のマルティネス(当時レッドソックス)の1750万ドルを上回り、野手を含めても4位タイになる破格の金額だ。「また新たな挑戦が始まる」。史上最多7度のサイ・ヤング賞を誇る42歳の右腕は力強く前を向いた。
 昨年11月、日米野球第5戦を終えて帰国する際は「99%引退」と話した。しかし、オフの間、息子たちと語り合うことで再び闘争心がわき起こってきた。「息子には“あのマウンドの感触やプレーオフの歓声を思い出してごらん”と言われた」。また、父の母校テキサス大に進学し、野球を続ける長男コビー君(18)はこの日の朝「僕もあと2年もすればメジャーでプレーするかもしれない。僕はお父さんの持っている一部分だけでも身につけたい」と、父の背中を追い掛けたい気持ちを伝えてきたという。クレメンスは「息子たちのアドバイスが大きかった」と言った。
 昨季もリーグ2位タイの18勝をマークするなど「ロケット」と呼ばれる剛腕は健在。「私はチームに戻ることで7度目のサイ・ヤング賞をサポートしてくれた仲間やファンに感謝したい」。クレメンスは恩返しの意味も込めてマウンドに立つ。
(スポーツニッポン1/23より引用)
[ 2005/01/22 12:55 ] メジャー | TB(9) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL

クレメンスの年俸>楽天の総年俸ってこと?
引退か現役続行か注目される米大リーグ、アストロズのロジャー・クレメンス投手(42)は、投手としての史上最高年俸でのアストロズ残留がほぼ合意に達したもようだ。アストロズの本拠地、ヒューストンの地元テレビが、大リーグ関係者の情報を引用して20日夜伝えた。それ
クレメンス残留
引退か、現役続行か、はたまた楽天移籍かと様々な憶測が飛び交ったロジャー・クレメンスの去就でしたが、結局ヒューストン・アストロズと1年契約を結び、現役続行で決定しました。当初、クレメンスは背番号22と同じ$22millionを要求、アストロズは$13.5millio
アストロズ、クレメンスと1年契約
アストロズがロジャー・クレメンスとの1年契約が成立した模様。年俸は1800万ドル(18億5000万円)。この金額は投手としては一番高い金額である。因みに2番目はペドロ・マルチネスの1750万ドル(18億円)である。昨年のシーズンは18勝4負と7度目のサイヤング賞を受賞している
[2005/01/22 14:29] HyperBeat's blog
クレメンス アストロズと1年契約に合意
The Rocket and the Houston Astros agreed Friday to an $18 million, one-year contract, and the seven-time Cy Young Award winner made the commitment to play for his 22nd major league season.(from espn)クレメンス、アストロズと1800万ドルの1年契約...
[2005/01/22 15:59] MLB NWES JPN
42歳ロジャー・クレメンス現役続行
ロジャー・クレメンス、現役続行巨人の上原選手も憧れているアストロズのロジャー・クレメンス投手が今季も現役を続けるようです。しかも、投手最高年俸になるようです。クレメンス投手にしてもランディ・ジョンソン投手にしても衰えるどころか今が全盛期のように思えるほ
[2005/01/22 16:23] Bivouac Blog
22
クレメンスは現役続行 投手史上最高の18億円 (共同通信) - goo ニュースClemens puts off retirement again for record contract- CNN SIClemens gives Astros boost- MLB.comロジャー・クレメンスは昨年の日米野球で来日した際「そろそろゆっくりと親孝行したいです
[2005/01/22 17:43] 最強コンビ!!!
クレメンス、18億円で現役続行
昨日、ヒューストン・アストロズとの契約合意間近と伝えられていたRoger Clemens、今日、1800万ドル(約18億5千万円)で契約を結んだと発表がありました。球団の提示額1350万ドルとRoger Clemensの希望額2200万ドルの間を取ったような金額ですが、メジャーリーグのピッチャーが
[2005/01/22 19:42] MLBlog
ロケットおじさん、現役続行!!
引退か、現役続行かで動向が注目されていた”ロケット”こと、ロジャー・クレメンス投手(42歳)が、ヒューストン・アストロズと契約合意した模様です。【MLB】R.クレメンスが“史上最高額”で現役続投へ、公式サイト伝える(ISM)Reportヒュー
[2005/01/22 21:05] 猫又通信
クレメンス
昨日、MLBを代表する選手の一人、”ロケット”ことロジャー・クレメンスが現役続行&アストロズ残留を発表した。一昨年ヤンキースで偉大な「300勝」の記録を達成して昨年のオフに一度は引退したクレメンス。しかし、結局は引退表明を撤回し、故郷ヒュース
[2005/01/23 12:01] a stream
Welcome
SEABLOGの潮風涼です
よろしくお願いします
Contact
SEABLOG潮風涼へのメールはseablogsports※yahoo.co.jpへどうぞ。(メール巡回収集対策で@を※にしています。@に訂正して送信ください)
Google