SEABLOGスポーツ

潮風涼、スポーツの話題からビジネスで大切なあることについて話します。
SEABLOGスポーツ TOP  >  スポンサー広告 >  スポーツ >  国際スポーツは文化の理解から

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

国際スポーツは文化の理解から

 長野で開かれているスペシャルオリンピックスがもうすぐ閉会式を迎える。田中康夫長野県知事はスペシャルオリンピックスを「誰にでも開かれた社会」と位置づけ、知事が「脱ダム宣言」から目指している長野県政に合致すると表明している。知事はさらに「数字至上主義」「効率至上主義」「物質至上主義」を批判し、「人間として大切なことに気づかせてくれる」大会であると付け加えていたのだが。
 こういう大会が開かれることはいいことだと思う。だからこそ大会関係者にはその理念の共有が求められる。


 だが、大会でイスラム圏選手団から強い抗議と反発が上がっているようだ。イスラム教信者が豚肉関係を食べないのは常識だろう。少なくとも教育県をうたう長野県で国際競技を主催する関係者が知らないはずがない。
 ではなぜ何度も豚肉を使った料理が出され、抗議しても改善されないのか。「選手団側によると、個別に抗議をしてもなかなか改善されなかった」ようだし、「除外する食材など細かな条件は告げず洋食を200食とだけ注文」してハムサンドとソーセージをわざわざ提供したそうだ。さらに「昼食のミートソースに豚肉が使われた」、「製パン業者が焼いたパンの中にウインナソーセージ」が入っていたなどイスラム関係者からすれば故意とも思える連発だ。
 運営団体であるSONAは、献立は昨年夏から昨年暮れまで検討して決定し、SOI(本部・米ワシントン)にも伝えたが異論はなかったという受け答え。一体何を検討し何を伝えたのだろう?
 SONAの宮本競技会場運営部長は「イスラム圏の選手団からの苦情を重要な問題ととらえていなかった」と受け答え。国際感覚がなく、外国の文化に理解を示さない団体は国際大会を主催すべきではないと思う。無知では済まされない。
 教育県であるはずの長野県の今後を見守りたい。
[ 2005/03/03 13:02 ] スポーツ | TB(2) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL

国際交流は文化の尊重から
長野で行われていた知的障害者のスポーツの祭典であるスペシャルオリンピックス(SO)ですが、今日閉会式を迎えました。この大会ですが、明日も笑顔で:SO冬季世界大会・長野 ボランティアも奮闘--国内外約1万人多数のボランティアに支えられた大会でもあります。また、
[2005/03/05 23:42] ノーリーズン再び
一泊52万円!田中知事後援会 収支報告書
これはマスコミ未公開だ。10月16日にはパークハイアットホテルに一泊で52万円も払っている。どうすりゃそんなに使えるのか?と思うような使いっぷりだ。一回十万円以上の会食も連日のようにある。長野県の知事なのに東京でのものが異常に多い。政治家の政治資金は政治
[2005/03/06 00:32] 田中県政追撃コラム
Welcome
SEABLOGの潮風涼です
よろしくお願いします
Contact
SEABLOG潮風涼へのメールはseablogsports※yahoo.co.jpへどうぞ。(メール巡回収集対策で@を※にしています。@に訂正して送信ください)
Google


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。