SEABLOGスポーツ

潮風涼、スポーツの話題からビジネスで大切なあることについて話します。
SEABLOGスポーツ TOP  >  野球 >  西武から球界再編第二幕は進むのか

西武から球界再編第二幕は進むのか

 以前に「西武に翻弄される南郷町」という記事を2月8日に書いたが、いよいよ現実のものになってきたようだ。阪元南郷町長は西武堤前会長との関係からか逮捕を遺憾と発言。その「遺憾」の一言でこの町の有力者がいかに正常な判断を失っているかがわかる。


 西武の2軍の命名権を買ったインボイスがもし要請があったら西武球団を買うと表明した。相見積に参加したライブドアと楽天。直接担当者を紹介してもらったソフトバンク。それに対しすでに受注している企業の下請けから参入したインボイスというような関係の気がするが、もしそのインボイスが西武を買収する場合には南郷町はどう動くのか興味深い。
 南郷町の商工会会長が「堤さんに働き掛けてうまくいっていた」と話したようにインボイス木村氏へ働きかけをするのだろう。その際のインボイスのメリットは何か?南郷町民はきちんと監視の目を光らせなければならない。
 西武に翻弄されるのは南郷町だけではない。シーズンオフのメジャーへポスティングの可能性をもつ松坂投手の今期の契約条件にも注目が必要だろう。球団売却の価格に影響するとされる松坂投手。果たしてダイエー井口選手のような条件を明記しているのかどうか?
 来年の新規参入を表明している大阪市民球団やその先の新潟・松山・金沢などの動きもあり、また今年もプロ野球再編への動きがあるのだろうか。各球団で話が合わず、選手会とのプロ野球構造改革協議会も進展しそうにないままで再び後手に回る可能性も高い。

リンク記事:西武に翻弄される南郷町とプロ野球誘致(2005.2.8)


以下参考記事
「西武キャンプ継続に不安 宮崎県南郷町」
 前コクド会長の堤義明容疑者の逮捕で、西武ライオンズのキャンプ地で西武グループのプリンスホテルを抱える宮崎県南郷町では3日、先行きを心配する声が相次いだ。
 同町はライオンズがキャンプで使用する室内練習場の建設などに計22億円(うち町負担は7億円)を投入。主産業の漁業が低迷し、年間予算が50億円程度の町には大きな出費。
 阪元勝久町長は「堤前会長にはリゾート開発やキャンプ開催で大変な尽力を受けた。逮捕は遺憾」と話す。経営不振の日南海岸・南郷プリンスホテルの処遇も懸念される。
 同町商工会の佐土原正博会長は「ライオンズとプリンスホテルは南郷をアピールする上で重要。ぜひ残ってほしい。これまで堤さんに働き掛けてうまくいっていたが、今後どう陳情していくか」と心配している。
(共同通信3/3より引用)

「松坂 ポスティングご破算か」
 球団身売りへの流れが加速する一方、松坂大輔投手(24)のポスティング・システム(入札制度)を利用しての大リーグ移籍は極めて難しい状況になった。堤容疑者は同投手の大リーグ移籍を容認する方針を示していたが、グループ内部への影響力は消滅。仮に身売りした場合でも新オーナー企業が移籍を容認する可能性は低く、大リーグ移籍は08年オフのFA権取得後となりそうだ。
(スポーツニッポン3/4より引用)
[ 2005/03/04 08:57 ] 野球 | TB(14) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL

インボイス 西武買収
西武王国の崩壊で球界を新たな激震が襲った。東京地検特捜部は3日、前コクド会長の堤義明容疑者(70)を証券取引法違反(虚偽記載、インサイダー取引)の疑いで逮捕した。折しもこの日、イースタン教育リーグ、ロッテ―インボイス(前西武2軍)戦(ロッテ浦和)を観戦し
[2005/03/04 16:05] 目指せ草野球の前田
インボイス 西武球団買収も
 西武王国の崩壊で球界を新たな激震が襲った。東京地検特捜部は3日、前コクド会長の堤義明容疑者(70)を証券取引法違反(虚偽記載、インサイダー取引)の疑いで逮捕した。折しもこの日、イースタン教育リーグ、ロッテ―インボイス(前西武2軍)戦(ロッテ浦和
[2005/03/04 17:50] やってみるか!
西武:松坂 ポスティングご破算か
 球団身売りへの流れが加速する一方、松坂大輔投手(24)のポスティング・システム(入札制度)を利用しての大リーグ移籍は極めて難しい状況になった。堤容疑者は同投手の大リーグ移籍を容認する方針を示していたが、グループ内部への影響力は消滅。仮に身売り
[2005/03/04 17:51] やってみるか!
松坂 ポスティングご破算か
スポニチに「松坂 ポスティングご破算か」と出ました、堤さんの逮捕は当たり前だけど
[2005/03/04 17:57] 失われた時を求めて
一つの時代は終わった。だが次の時代はどうなる?~西武ライオンズ・堤前オーナー逮捕雑感~
 意外と早かったという気がしないでもないですが、ともあれ来るべき時が来たようです。堤前コクド会長を逮捕=西武鉄道など一斉捜索-証券取引法違反で東京地検 西武鉄道による有価証券報告書の虚偽記載問題で、東京地検特捜部は3日、虚偽の同報告書を提出したほか、
インボイスが立ち上がるか?
3日に西武の堤前オーナーが逮捕されたことで、西武グループの経営改善が進むことは間
[2005/03/04 21:30] トラファンニッキ。
そんで、ライオンズはどうなるんでしょうかね?★★新しいシステムが必要じゃないでしょうか★★
堤さんがタイーホされちゃいましたね。 あー、逮捕されちゃうんだなー、有価証券報告
堤義明前コクド会長逮捕
コクドの堤前会長を逮捕、証取法違反容疑で さっきお昼のワイドショー見ましたら、軒並み話題はこれでした。そこでの堤の第一印象「随分やつれたね」といった感じでした。刑事事件にまで発展した西武鉄道の株問題、ライオンズもどうなってしまうんでしょうね…。
ブログチューンズ2日目
今日はブログチューンズを開始してから2日目だが、かなりの方にblog-tunesを設置していただいた。「カズ」様「naname」様「SnowRabbit」様「ぶつよく★大王」様「どらみ」様など、確認させていただいたブログだけでもこんなにもたくさんの方に設置していただいて、本当に嬉し
開幕前に。選手は気の毒。
なにやら西武ライオンズ売却が現実味を帯びてきた。その売却先にあがっているのが請求書を1枚にする会社インボイス(電気通信事業者だそうです)。そのインボイスの社長さんは買う気満々。フツーに今年から西武の2軍の名前と球場名がインボイスになっていたけど、今はなき近鉄
[2005/03/05 14:46] フルカウント
堤義明逮捕の影響は?
逮捕も時間の問題と言われていましたが、ついに堤義明容疑者が証券取引法違反の疑いで逮捕されました。堤氏と言えば、政財界そしてスポーツの世界においても大きな影響力を持った人物であることから、良くも悪くも変化をもたらすものでしょう。今になって堤義明の罪の部分だ
[2005/03/05 23:38] ノーリーズン再び
独立リーグ
オーナーの逮捕劇から、球団買収の話が現実になりそうな名門西武グループの西武ライオンズではあるが、消えそうな球団があれば、新しい期待と夢をいっぱいに含んだリーグ誕生しつつある。四国アイランドリー-グである。最初の話題性は十二分にあったが、現在は四国以外ほ
[2005/03/06 09:30] ほぼ日刊ベースボール
このままじゃ吉本オリックス?
「ソフトバンクが楽天を制しました」って、こんなニュースを聞くようになるなんて、去年の今頃、誰が想像できたザーマス?じゃ、何年か後には・・(妄想中)
[2005/03/09 11:49] シボンヌの館
野球:仙台の次はどこだ?
いう事態になっているパリーグですが、新規参入による盛り上がりは期待通りで、改めて新しい血は必要なのだなあと再認識させられました。 しかし、セリーグは相変わらず旧態依然で、ドラフトや交流戦も片手間程度の対策しか行なわれておらず、頼みの巨人戦の人気も下降気味
[2005/04/26 23:59] Chin's Field
Welcome
SEABLOGの潮風涼です
よろしくお願いします
Contact
SEABLOG潮風涼へのメールはseablogsports※yahoo.co.jpへどうぞ。(メール巡回収集対策で@を※にしています。@に訂正して送信ください)
Google