SEABLOGスポーツ

潮風涼、スポーツの話題からビジネスで大切なあることについて話します。
SEABLOGスポーツ TOP  >  サッカー >  戦う前に負けてはいけないアウェー戦

戦う前に負けてはいけないアウェー戦

 バーレーンと北朝鮮のアウェー戦、ホームとはいえイラン戦という3試合を残すサッカー日本代表のW杯はまだまだ出場できるかどうか微妙な状況が続く。


 イランが日本以外を連勝したとして4勝1分勝点13。バーレーンは北朝鮮にホームで勝ちイランに敗れれば2勝1分2敗勝点7。日本はバーレーンにアウェーで敗れれば北朝鮮に勝っても日本はイラン戦を残し勝点9、バーレーンは勝点10。もし北朝鮮に引き分け以下だとすれば場合にはバーレーン戦には必ず勝利が必要だ。
 もしイランがバーレーンに負けた場合にはイラン10、バーレーン10。日本はバーレーンに勝っても勝点9で北朝鮮戦は重要な一戦になる。
 アウェーでバーレーンに勝てなければ何としてもイランに勝たないといけないことになってしまうが、例えバーレーンに勝っても北朝鮮に敗れれば同じことになる。
 そんなアウェーを残す日本代表だが、場外では大変だ。北朝鮮対イランでの暴動以上のことが日本戦で起こるのではないかと戦々恐々状態。そんな状況でほんとうに100%の力を発揮できるのだろうか?
 戦う前に情報戦に敗れているのではないか。イラン代表のイバンコビッチ監督は「我々は試合後ロッカールームに2時間箱詰めにされた。危険なファンが部屋に侵入しようとしたり本当に大変だった」と話しているが、さらに2月の日本戦で見せたクリーンな戦いぶりからは一変していたと答えているようだ。日本サッカー協会はFIFAの裁定を仰ぐようだが、中立国開催や無観客試合を望まなければならないような精神状態に追い込まれている現状がすでに戦う前から劣勢に立っている状況なのではないだろうか。
 究極のアウェーのような精神状態だろうが、選手にそんな精神状態にならなくていいようにすることが6月までの日本サッカー協会に求められることだろう。果たして日本代表は勝ってW杯出場を決められるだろうか?願わくば快勝を望みたいが。
[ 2005/04/05 11:56 ] サッカー | TB(4) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL

6月8日北朝鮮戦の会場変更を、FIFA会長に“直訴”
国際サッカー連盟(FIFA)のジョゼフ・S・ブラッター会長(69)が4日、成田着の航空機で来日した。W杯アジア最終予選の北朝鮮-イラン戦(3月30日、平壌)で、負けた北朝鮮の観客が暴動を起こしたことを受け、日本サッカー協会は、同じ会場で行われる6月8日の.
今更ながら日本VSバーレーン
1-0で日本が勝った。しかし、これは予定どおりと言った方がよい。アウェイで負け、ホームで勝ったのだから五分五分といったところ。日本は北朝鮮に勝たなければならない。イラン、バーレーンともにアウェイの北朝鮮の試合で勝っているのだから。普通に考えれば北朝鮮が中東
※サッカーはさわやかな紳士のスポーツです。
イラン監督 北朝鮮戦の恐怖語る ロッカールームに2時間箱詰め(Yahoo JAPAN)【テヘラン4日=国際電話】イラン代表のブランコ・イバンコビッチ監督(51)がこのほど当地で会見、3月30日の平壌でのW杯アジア最終予選で、観客が暴徒化した北朝鮮戦を改めて振り返った
[2005/04/07 18:12] 太郎日記’79J
さあ、ドイツへ!
 サッカーは専門分野ではないので、とりあえず。よくやった、日本代表! イラン戦をテストに使えるのは、非常に大きい。 来年のドイツ、行ってみたいなぁ。
[2005/06/09 00:09] Chin's Field
Welcome
SEABLOGの潮風涼です
よろしくお願いします
Contact
SEABLOG潮風涼へのメールはseablogsports※yahoo.co.jpへどうぞ。(メール巡回収集対策で@を※にしています。@に訂正して送信ください)
Google