SEABLOGスポーツ

潮風涼、スポーツの話題からビジネスで大切なあることについて話します。
SEABLOGスポーツ TOP  >  スポンサー広告 >  陸上・マラソン >  女王復活おめでとう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

女王復活おめでとう

 ロンドンマラソンでポーララドクリフ選手が2時間17分42秒の好タイムで優勝したそうだ。おめでとう!


 アテネオリンピックでは期待の大きさに応えることができず、かつての日本人選手のように本番で弱いと評されたラドクリフ選手。
 そのアテネで敗れてから11月にニューヨークで優勝し、さらに4月にロンドンで優勝。タイムも今年の最高タイムを5分も縮め、タイムだけを考えたら今の日本人選手では届きそうにない。そのうえペースメーカーの前を走っての快走だとのことだ。途中腹痛で一度止まったそうだが、その後も2位との着差を広げる走りだったようだ。その復活への意志の強さと努力に賞賛をおくりたい。
 それに対し、日本の女王はどうしているのだろうか。女王は誰?と言われそうだが、野口選手でも高橋選手でもいい。世界の強豪、とくにラドクリフ選手との対決を望むファンは多い。ぜひラドクリフ選手に負けない意志を見せてほしい。
[ 2005/04/18 18:06 ] 陸上・マラソン | TB(2) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL

ラドクリフ・優勝
ロンドン・マラソン、ラドクリフが優勝・諏訪7位 | Excite エキサイト 陸上のロンドン・マラソンは17日、当地で行われ、女子は世界記録保持者のポーラ・ラドクリフ(英国、31)が2時間17分42秒のタイムで優勝した。2年ぶり3度目の優勝。
[2005/04/18 21:01] るやんの雄叫び
ロンドンマラソン、ラドクリフ優勝
ロンドン・マラソン、ラドクリフが優勝・諏訪7位 ラドクリフ選手、2005年ロンドンマラソン2時間17分42秒で優勝した。男子はマーティン・レル(ケニア)が2時間7分26秒で初のサブテンらしい。 ボストンマラソンの結果待ちということになりますが、今年の春
Welcome
SEABLOGの潮風涼です
よろしくお願いします
Contact
SEABLOG潮風涼へのメールはseablogsports※yahoo.co.jpへどうぞ。(メール巡回収集対策で@を※にしています。@に訂正して送信ください)
Google


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。