SEABLOGスポーツ

潮風涼、スポーツの話題からビジネスで大切なあることについて話します。
SEABLOGスポーツ TOP  >  スポンサー広告 >  スポーツ >  ラグビー協会の古い体質そのままの外出禁止令

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ラグビー協会の古い体質そのままの外出禁止令

 相次ぐ日本代表の不祥事でラグビー協会のとった対応策は子供への対応のような外出禁止令だそうだ。


 日本代表全員を子供扱いするなら責任をとるべき立場の代表監督の萩本光威氏も協会の真下昇専務理事はもっと自戒を行動で示すべき。当然自分たちは夜間外出などしていないでラグビーに没頭していることだろう。
 そもそもなぜ全員を子ども扱いするのか。全員が自覚のないような暴行の可能性のある危ない選手なのか。ならばラグビーなどやっている場合じゃないだろう。
 前近代的な対応しかできない協会と代表監督にラグビーというスポーツと競技選手を預けていいのか。
 協会と代表監督がやらなければいけないことは、選手の意識と自覚を高めることだ。隔離すれば解決するものではない。もちろん選手の意識レベルはまちまちであり、確かに隔離した方がいい選手もいるのかもしれないが、尊敬できる選手も多い。だからこそ一律に意味はない!
 スクールウォーズが人気だった頃と比べてもラグビーの人気は凋落した。そもそも早明戦や早慶戦と比べてさえも国内で頂点であるはずのトップリーグの試合が面白くない。企業が自己満足でやっているようなそんなリーグを応援する要素も少ない。そもそも同じ競技場でやってもどっちがホームかアウェーかわからないような対戦ばかり。
 あまり馴染みがない人がみたら止まっているばかりのラグビーは、やってみてこそその面白さがわかる競技だが、その国内トップの選手が一律に隔離されるような選手層ではラグビーの将来はどうなることだろうか。
[ 2005/05/19 11:01 ] スポーツ | TB(4) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL

ラグビー日本代表 相次ぐ逮捕
相次ぐ不祥事の日本代表“無期限外出禁止令”発令 17日未明に東京・六本木の路上での暴行容疑で現行犯逮捕されたラグビー日本代表FLフィリップ・オライリー容疑者(24)=三洋電機=の事件を受けて、同代表の萩本光威監督(46)は18日までに代表メンバー全員に
[2005/05/19 20:50] すとれーとじゃぶ
[スポーツ] ラグビー協会の古い体質そのままの外出禁止令
ますます社会と隔絶させる方向に動いてどうすんのって話のように思いました。(SEABLOGスポーツ)
日本代表の無実を信じられずに
 ラグビー日本代表オライリー選手が暴行の疑いで逮捕された事件の責任を取る形で、所属先の三洋電機ワイルドナイツは古瀬洋一郎部長の辞任を発表した。三洋は2月下旬から今年度の練習を始めていたが、チームとしての練習を当分自粛、21日の日本IBM戦(群馬・三洋
[2005/05/20 13:59] OMOTEYOMI!!
連帯責任は無責任
日本代表のトンガ人選手が逮捕されたばかりでしたが、今度は同じく日本代表のフィリップ・オライリー選手が逮捕されました。日本代表選手の相次ぐ暴行事件はラグビーのマイナスイメージに繋がりかねず、日本ラグビー協会も頭が痛いでしょう。選手の暴行事件に対して何らかの
[2005/05/23 22:21] ノーリーズン再び
Welcome
SEABLOGの潮風涼です
よろしくお願いします
Contact
SEABLOG潮風涼へのメールはseablogsports※yahoo.co.jpへどうぞ。(メール巡回収集対策で@を※にしています。@に訂正して送信ください)
Google


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。