SEABLOGスポーツ

潮風涼、スポーツの話題からビジネスで大切なあることについて話します。
SEABLOGスポーツ TOP  >  巨人 >  巨人-楽天戦は今の走らないハルウララ

巨人-楽天戦は今の走らないハルウララ

 日本テレビの氏家会長が交流戦の巨人最終カード楽天戦を「ハルウララが2頭走っているよう」だと評したようだ。

 ハルウララといえば負けても走り続ける姿に感動してファンが自然と増えたことが特徴だが、負けても戦い続ける巨人に誰が感動してファンが増えたというのだろう?
 楽天に関しても、負け続けることでファンが増えているというのだろうか?負ければ負けるほどファンが増えたハルウララに例えるのは無理があるのではないか。
 さらに巨人対西武戦でカブレラ選手の1塁への全力疾走と清原選手の走りを実際に球場で見比べた人にとって、どこに巨人ファンになる要素があるというのだろう。一生懸命走っていたハルウララと対極の巨人選手の走り。氏家会長は巨人の試合をきちんと球場で見ているのか?
 ハルウララも競馬場で走らなくなって久しい。競走馬が、競馬場で走らなくなればもう引退しかない。競走馬とはそういうものだ。
 ならば巨人は...。チームごと引退すべき球団の現実。それは今の走らなくなったハルウララそのものというならば、その通りなのかもしれない。
[ 2005/06/15 00:04 ] 巨人 | TB(1) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL

巨人・楽天・ハルウララ
「巨人・大鵬・卵焼き」という言葉があったことを皆さんは覚えているでしょうか。 当...
[2005/07/24 17:29] てきちも。
Welcome
SEABLOGの潮風涼です
よろしくお願いします
Contact
SEABLOG潮風涼へのメールはseablogsports※yahoo.co.jpへどうぞ。(メール巡回収集対策で@を※にしています。@に訂正して送信ください)
Google