SEABLOGスポーツ

潮風涼、スポーツの話題からビジネスで大切なあることについて話します。
SEABLOGスポーツ TOP  >  巨人 >  【Coffee Break】キャプラーに美味しいものを食べさせられなかった巨人軍

【Coffee Break】キャプラーに美味しいものを食べさせられなかった巨人軍

 キャプラーがボストンに帰って、地元紙に「ブルックラインで朝食を取ることをどれだけ願ったか分からない」と話しているようだ。


 さらに「ナイフとフォークに代表される米国式の食生活スタイルに戻れたことに対し喜びを爆発」とある。日本と米国との食生活の違いの例で、日本ではハンバーガーを注文した際にトマトを抜いてもらうような注文を変えるということがあまり受け入れられないとも発言しているようだ。
 なるほど、キャプラーの不振は巨人軍にまともなものを食べさせてもらっていなかったということのようだ。
 巨人軍の食事ではキャプラーに箸を使わせ、だめなら手づかみにさせ、食べさせたものはファーストフードのハンバーガーばかり。そんな食事をさせられたら誰でも不振になっても仕方ない気がする。
 巨人軍にはキャプラーを本人の好みに応じた料理をしてくれて、ナイフでもフォークでも好きなもので食べさせてくれるような日本の普通の美味しいお店に連れて行くような同僚はいなかったようだ。
 ボストンの地元紙もそんなレベルの低い記事を書かなければキャプラーが日本で不振だったことを払拭できなかったのかもしれないが、アメリカのマスコミのレベルはよくわかった。
 (Coffee Break的な記事です。笑って軽く読み飛ばしてください)
[ 2005/07/22 14:12 ] 巨人 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL

Welcome
SEABLOGの潮風涼です
よろしくお願いします
Contact
SEABLOG潮風涼へのメールはseablogsports※yahoo.co.jpへどうぞ。(メール巡回収集対策で@を※にしています。@に訂正して送信ください)
Google