SEABLOGスポーツ

潮風涼、スポーツの話題からビジネスで大切なあることについて話します。
SEABLOGスポーツ TOP  >  巨人 >  巨人オーナーの無理な要望

巨人オーナーの無理な要望

 巨人の滝鼻オーナーがオーナー報告に訪れた堀内監督に対し「若手起用」と「真剣なプレー」を要望したようだ。

 滝鼻オーナーは「ファンからの声というのは、もうちょっと真剣味のあるプレーをして欲しいということ」ということでの要望だったようだが、その意味は堀内監督の解釈に委ねるのだろうか。自分が泥をかぶらずにファンの味方をするようなうまい伝達方法ではないか。
 真剣みのあるプレーの意味として日刊スポーツは「全力疾走、打球処理、走塁」を挙げ「もちろん選手は全力でプレーしている、はずだ」と書いている。この記者は試合を見ていないのだろうか。「はずだ」に否定の意味を込めるのがやっとだったのだろうか。
 巨人の選手の一部が一塁へ全力疾走していないことは球場で試合を見た人ならば誰でもわかる。ボールを追いかけなかったことで注意したコーチに逆ギレした選手もいた。
 滝鼻オーナーの要望を堀内監督が実践しようとするとある2名をまず切らなければならない。今年の堀内監督にそれができる権限を会談でもらったのだろうか。昨年ならばできていたことも今年は後退している感のある堀内監督の選手起用。
 さらにミセリなどの件についても滝鼻オーナーは「言葉では言わないけど、補強は不満だったと思います」との第三者的発言。ミセリもキャプラーメジャーリーグで彼らなりに立派に働いているではないか。彼らが日本でとった行動の原因の多くはフロントの契約条項によるのではないか。
 現実問題として滝鼻オーナーはすべてを堀内監督のせいにしないで、自らの責任を明確にして反省すべきではないのか。今のままでは巨人の本当の改革はまだまだ遠い。
[ 2005/07/27 12:42 ] 巨人 | TB(4) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL

わけわかんないよ、読売。
 巨人の滝鼻オーナーが、堀内監督に「若手起用」と「真剣味のあるプレー」の注文を出したという。 実に情けないクレームである。 ていうか、これだけ年老いた高年俸のプライドだらけの4番打者を集めておいて、今さら何を言う。ずいぶん矛盾したことを言うではないか
[2005/07/27 15:38] Golden Museum
ナベツネさん、巨人再建に期待する阪神ファンの声に耳をかしてくれないだろうか
先生  「あー違う!!巨人は何にも分かってへん!!ほんまにこうやったら絶対違う!!違う!!違う!!違う!!」 コーチ 「先生、違うんは分かりますけど、“違う”って言うたびにカクカク動くんはやめてください。気持ち悪いです」 先生  「だって、違うときはどうしたって、動い.
[2005/07/27 18:01] 野球町の人
第191話 中日8連勝
中日ドラゴンズが、横浜との激戦を制して3年振りの8連勝!!《日刊のスコア》スコアの通り、9回に井端が決勝タイムリーを放って勝ち越して、最後は岩瀬が締めた。井端は、いつの間にか得点圏打率トップ。過去数年は得点圏打率が、低い打者として有名?だったのに、今.
巨人、自力優勝消滅
巨人は首位阪神との後半戦の開幕戦で3-9と完敗した。よって自力優勝の可能性が消滅したそうな。堀内監督は大手町の読売新聞東京本社に呼び出され、滝鼻オーナーらに低迷した前半戦の報告したそうな。その席で滝鼻オーナーからは今期はもうあきらめて来季の為に若手を積極
[2005/07/27 22:03] 後だし本舗
Welcome
SEABLOGの潮風涼です
よろしくお願いします
Contact
SEABLOG潮風涼へのメールはseablogsports※yahoo.co.jpへどうぞ。(メール巡回収集対策で@を※にしています。@に訂正して送信ください)
Google