SEABLOGスポーツ

潮風涼、スポーツの話題からビジネスで大切なあることについて話します。
SEABLOGスポーツ TOP  >  巨人 >  自分のことには敏感なナベツネ氏

自分のことには敏感なナベツネ氏

 巨人滝鼻オーナーの若手起用提案に対し、渡辺会長は「そんなこと言ったら老人が怒るよ」と発言したようだ。老人とは誰で若手とは誰なのか。


 渡辺会長の言葉がなければ気がつかなかった人も多いかもしれない。若手起用によって出番が少なくなるのは清原選手やローズ選手だとばかり思われていただろう。
 渡辺会長の「老人が怒るよ」の老人はこの2人を指すと思ったら大間違いではないか。そう、この老人とは渡辺会長本人ではないのか。
 滝鼻オーナーの巧妙な言い回しで大半の人が理解できなかった「若手への切り替え」。そう、オーナーが最も言いたいことは自らの立場だろう。若手とは滝鼻オーナー自身であり、若手への切り替えをしてほしいのはオーナー自身だ。
 この言葉にすぐ渡辺会長は気がついた。まだ若手への切り替えはさせんよ、と。滝鼻オーナーへの痛烈なメッセージ。
 これでまた巨人の改革はずっと先のことになってしまったかもしれない。
[ 2005/07/29 11:20 ] 巨人 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL

Welcome
SEABLOGの潮風涼です
よろしくお願いします
Contact
SEABLOG潮風涼へのメールはseablogsports※yahoo.co.jpへどうぞ。(メール巡回収集対策で@を※にしています。@に訂正して送信ください)
Google