SEABLOGスポーツ

潮風涼、スポーツの話題からビジネスで大切なあることについて話します。
SEABLOGスポーツ TOP  >  スポンサー広告 >  巨人 >  巨人監督選挙の問題点は政局と同じ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

巨人監督選挙の問題点は政局と同じ

 中畑清氏が巨人の監督問題で「選挙で監督を決める。初めての企画だけど、この際やったらいいのにね」とのこと。だが、選挙には問題も多い。


 選挙で決めたら中畑氏は勝てるだろうか?だが、その前に立候補するとしたら中畑氏以外には原氏と江川氏なのだろうか。
 選挙制度の問題点は立候補制にある。政局と同じだ。主権である国民には選挙権はあるが、選択権が奪われたのと同じ選挙区も多い。地方の首長選挙などは相乗り候補ばかりで国民を馬鹿にしたような選挙が多い。選べない選挙しかできない政党。巨人はこれと同じではないと言えるだろうか。
 選挙で選ぶための立候補者がナベツネ党公認候補対巨人をよくする会推薦候補、あと数人の無所属。投票に行く気もなくなってくる。
 選挙権があるのは誰だろう。会長と選手は同じ1票だろうか。それはそれで興味深いことなのだが。巨人の監督はやはり選挙ではだめな気がする...。
[ 2005/08/01 21:58 ] 巨人 | TB(1) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL

何を考えてんだか┐('~`;)┌
仰天提案…中畑「監督を選挙で…」“清”き票を!? 読売次期監督は選挙で決まる?夕刊フジの記事を見て思わず呆れ返ってしまった。なんでも読売の来期監督は選挙で決めたらどうかと中畑氏が立案?したらしい。まぁ、冗談だとは思うけど、何を考えてんだかさっぱ
Welcome
SEABLOGの潮風涼です
よろしくお願いします
Contact
SEABLOG潮風涼へのメールはseablogsports※yahoo.co.jpへどうぞ。(メール巡回収集対策で@を※にしています。@に訂正して送信ください)
Google


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。