SEABLOGスポーツ

潮風涼、スポーツの話題からビジネスで大切なあることについて話します。
SEABLOGスポーツ TOP  >  スポンサー広告 >  野球 >  プレーオフ論(追記)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

プレーオフ論(追記)

 プレーオフに5割以下のチームの進出を認める前記事「その場しのぎのプレーオフ論」にいろいろご意見をいただきました。


 確かに5割以下のチームが優勝ということになれば長いペナントレースは何だったのかという議論は常に行われています。しかし、それでもセ・リーグはプレーオフを導入しようとしている現実。それはなぜなのか。
 昨年も今年もパ・リーグのプレーオフが興行として成功であったという意識がその根底にあるからだろう。プレーオフがあったことでペナントレースをぎりぎりまで楽しめた事実は否定できない。なければ消化試合が延々と行われることになったはずの試合をどれだけ楽しめたことだろう。
 今年も同じだ。大きく引き離された3~5位の試合に興味をつなぐことができる。同じ立場のセ・リーグの3位争いと比べても興行的には明白な事実だろう。
 しかし、だからといって5割を切ったチームが優勝では腑に落ちないのは確かだ。プレーオフで優勝を決めることがやはりペナントレースの価値を下げることも事実だろう。
 ペナントレースの価値を下げずにプレーオフを行うためにはどうすればいいか。ペナントレースで優勝を決めた上で、プレーオフを日本シリーズ進出決定戦とするのはどうだろうか。日本シリーズ優勝チームは日本一ではあるが、優勝チームではないということになる可能性もある。また日本シリーズが別の独立した短期シリーズ化してしまう可能性もあるが、現状よりは納得性があるのではないだろうか。
 プロスポーツと興行は切っても切れない。興行として最大に盛り上がり、そのうえ納得性のある仕組みとなるとなかなか難しいことでもある。
[ 2005/09/08 19:39 ] 野球 | TB(4) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL

[野球] NPBにおけるプレーオフ論
リーグ優勝と日本シリーズ出場権は別という形でプレイオフ制度を行うというのは、悪くない話だと思うんですけどね、そういう意味では去年のパリーグ優勝が福岡ダイエーホークスにならなかったのは良くなかったと思います。リーグ優勝と日本シリーズ出場権は別で良い、ペナン...
プレーオフ制のマイナス面
この期に及んでロッテは手を抜いていることはないだろうとは思う。1位ソフトバンクを5ゲーム差で追う2位ロッテは、ソフトバンクと直接対決4試合を前にして、同率首位に並ぶ可能性が少し遠ざかった。もしロッテがソフトバンクと同率1位になると・・プレーオフがなくなっ
[2005/09/15 13:25] 東海スポーツニュース
プレーオフ一考
アンディ・ぺティット
野球:ついに悲願達成
 川崎のころよりお荷物と呼ばれ続けて早31年。 95年に垣間見た夢の続きは、10年後、正夢となって福岡の夜空に花咲きました。 おめでとう、千葉ロッテマリーンズ! 虎が待つ甲子園へ、いざ!
[2005/10/17 22:05] Chin's Field
Welcome
SEABLOGの潮風涼です
よろしくお願いします
Contact
SEABLOG潮風涼へのメールはseablogsports※yahoo.co.jpへどうぞ。(メール巡回収集対策で@を※にしています。@に訂正して送信ください)
Google


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。