SEABLOGスポーツ

潮風涼、スポーツの話題からビジネスで大切なあることについて話します。
SEABLOGスポーツ TOP  >  高校野球 >  広島市の高野連に対する対応を支持

広島市の高野連に対する対応を支持

 夏の高校野球で広島県代表の高陽東高校が各校に黙祷を呼びかけたのを高野連が認めなかったことに対し、広島市はすぐ高校生への配慮をしていたようだ。教育を唄う高野連に教育とは何かを考えさせる案件となってほしいものだ。

 広島市は高野連に対し、全体の対応が難しい場合には選手の自主性に任せてほしいという文書をすでに8月18日に送付していたようで、今回は広島市市民局国際平和推進部長が再度高野連を訪問して黙とうへの協力を呼びかけたらしい。
 高野連は「高校生の自主的な考えを尊重する方向で検討する」との返答をしたようだが、田名部和裕参事の「原爆は広島だけのこと」事件で、やっと高野連にも教育の意味が少しだけ理解できたのだろうか。
 高野連はいまでも解体すべきだと思っているが、解体が無理ならば少しでもよくなってもらわないと高校生の教育によくない組織のままではいけないだろうから、今回の広島市のすばやい行動を支持したい。
[ 2005/09/12 23:52 ] 高校野球 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL

Welcome
SEABLOGの潮風涼です
よろしくお願いします
Contact
SEABLOG潮風涼へのメールはseablogsports※yahoo.co.jpへどうぞ。(メール巡回収集対策で@を※にしています。@に訂正して送信ください)
Google