SEABLOGスポーツ

潮風涼、スポーツの話題からビジネスで大切なあることについて話します。
SEABLOGスポーツ TOP  >  スポンサー広告 >  楽天 >  三木谷氏、野村監督に猶予は何年か

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

三木谷氏、野村監督に猶予は何年か

 楽天の田尾監督が解任され、後任に野村監督がほぼ決定のようだ。田尾監督の処遇が二転三転し、野村監督の返事待ちだったのだろうと言われているが、楽天は野村監督で変わるだろうか?

 田尾監督は最初から100敗するだろうと言われていた弱体楽天の監督に就任したときに、1年で解任されるとは思っていなかっただろう。弱いのはあたりまえのチームだ。田尾監督の采配で負けた試合と戦力が弱くて負けた試合を判別できるだろうか。
 今の楽天が他のチームと対等に戦えるなんて誰も期待していなかっただろう。だからこそ時間をかけて戦う集団にするスケジュールだったと思われる。田尾監督はずっと仙台に住む予定で仙台へ移った。星野監督が名古屋に住所を置いたまま阪神監督をしたことと比べても覚悟して行ったはずだ。
 田尾監督でなかったら五分で戦えたと思っている人はいない。とすれば解任の理由は来期以降の強化が田尾監督では無理という判断しかありえない。野村監督にはそこが求められるということだろう。
 阪神を3年連続最下位で終った野村監督。だが、その3年は星野監督という指揮者によって花開いた。三木谷氏はその阪神と同じく再度3年連続最下位でも野村監督を解任せずに我慢できるのだろうか。再び花開く前に解任ということにならないのだろうか。野村監督で花開くまで我慢できれば三木谷氏は新たな境地を切り開くことになる。楽天野村監督と三木谷氏の組み合わせはその意味でも興味深いことだ。
[ 2005/09/27 20:05 ] 楽天 | TB(1) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL

楽天 野村監督就任?
楽天の次期監督に野村克也氏がなりそうだ。 果たして弱くて仕方がないチームにこの監
Welcome
SEABLOGの潮風涼です
よろしくお願いします
Contact
SEABLOG潮風涼へのメールはseablogsports※yahoo.co.jpへどうぞ。(メール巡回収集対策で@を※にしています。@に訂正して送信ください)
Google


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。