SEABLOGスポーツ

潮風涼、スポーツの話題からビジネスで大切なあることについて話します。
SEABLOGスポーツ TOP  >  落合監督 >  落合監督を見返すチャンス(野口投手)

落合監督を見返すチャンス(野口投手)

 FAを取得した中日野口投手獲得に阪神が乗り出すようだ。その他にも巨人や楽天なども候補のようだが、ぜひ阪神で再生してほしい。中日を見返すチャンスでもある。

 落合監督は投手がピンチでマウンドに向かったときでも、他の投手の場合は状況を聞き励ますのに対し、野口投手と朝倉投手の場合は無言で交代を告げるだけだという。できれば使いたくないが優勝のためには仕方なく使っているという態度がありあり。その他に落合投手が1軍に上がってきたのに選手登録さえせずに2軍へ追い返したという事件もある。
 優勝した翌年は特に監督の好き嫌い采配が出やすい。落合監督も例外ではなかった。本来ならば不要な戦力はトレードして交換要員によってその分の戦力強化を行うことも落合監督はやらなかった。優勝した翌年にこそ自分を律して帯を締めなおす監督こそ名監督だと思われるのだが、落合監督は名監督へはまだまだのようだ。
 野口投手にはぜひ他のセリーグチームへ移籍して落合監督を見返してほしい。阪神が呼んでくれるならば大チャンスだ。下柳投手というお手本もいる。ぜひ野口投手の本格復活を期待したい。
[ 2005/10/08 10:11 ] 落合監督 | TB(1) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL

監督の好き嫌い「だけ」に責任はあるのか
SEABLOGスポーツさんの「落合監督を見返すチャンス(野口投手)」というエントリーを読んだんだけど、これがちょっと引っかかる内容だった。
[2005/10/09 01:27] ドラグラム
Welcome
SEABLOGの潮風涼です
よろしくお願いします
Contact
SEABLOG潮風涼へのメールはseablogsports※yahoo.co.jpへどうぞ。(メール巡回収集対策で@を※にしています。@に訂正して送信ください)
Google