SEABLOGスポーツ

潮風涼、スポーツの話題からビジネスで大切なあることについて話します。
SEABLOGスポーツ TOP  >  巨人 >  上原投手秋季キャンプ参加と巨人のみこし

上原投手秋季キャンプ参加と巨人のみこし

 できることならば参加したくないと言っていた巨人上原投手の秋季キャンプ同行に関し、原監督は上原投手自身から「キャンプに行きますという風に言ってくれた」と答え「強制的ではない」とのこと。巨人の容赦ない改革が始まる。

 原監督は強制的でないと言いながら「ジャイアンツというみこしをかついで前へ進む」という単純な唯一の目標を設定し、「みこしに引っ張られたり、その上に乗っていることがないように…。そんな者がいるなら、即刻ユニホームを脱ぐ気構えでやってほしい」と発言。
 上原投手が秋季キャンプ不参加ならば「みこしをかつがない行為」ということなる。そこで待っていることは「即刻ユニホームを脱ぐ」ということになる。野球を続けたいならば、上原投手に選択権はない。みこしをかつぐことは巨人の改革であり、みこしの上に乗っていたと例にあげられたような清原選手へは自由契約、元木選手は引退した。残りは上原投手ただひとり。上原投手にはメジャーへ行くという目標がある。秋季キャンプへ行くしかない。
 選手の自主性よりも統一目標への意識を重視した大改革。巨人の向かう道は勝利至上主義のようだ。
[ 2005/10/17 10:43 ] 巨人 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL

Welcome
SEABLOGの潮風涼です
よろしくお願いします
Contact
SEABLOG潮風涼へのメールはseablogsports※yahoo.co.jpへどうぞ。(メール巡回収集対策で@を※にしています。@に訂正して送信ください)
Google