SEABLOGスポーツ

潮風涼、スポーツの話題からビジネスで大切なあることについて話します。
SEABLOGスポーツ TOP  >  スポンサー広告 >  野球 >  オープン戦と同じか米国のWBC

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

オープン戦と同じか米国のWBC

 WBCは審判がマイナーレベルで国際大会レベルでなかった問題以外にもさまざまな問題がわかってきたようだ。


 まず本国アメリカでの扱い。世界的レベルでは全く関心が低いのは野球というスポーツの特性上仕方ないにしてもアメリカでの扱いさえ低いようだ。日本戦の観客はスタジアムの半分も埋まっていなかったそうだし、他の試合では1万人に満たない試合が多数存在するようだ。
 アメリカのメディアの扱いもバスケットボールの全米大学選手権以下というよりバスケットボールしか扱っていないほどで、生中継するテレビ局もなく、アメリカ国民の全体の認知率を調査してほしいほどでしかない。
 そのうえもしかしたらアメリカは2次リーグ敗退するかもしれない。もし日本が残り2連勝すれば日本・韓国・アメリカが2勝1敗で並ぶことも考えられ、その際は失点率で決るため、現時点での当該国間の失点が日本4(1試合)・韓国3(1試合)・アメリカ10(2試合)を考えるとアメリカ敗退の可能性大だ。もしアメリカが準決勝進出するならばそのときは日本が敗退のとき。どちらにしても最もメディアや興行収入に影響する国の1つが敗退してしまう。
 アメリカ敗退の場合にさらにアメリカ国内での扱いは小さくなり、もしかすれば自然消滅的に来年以降の開催未定ということにさえなりかねない。
 第一回なんてこんなものと前向きに判断し、第二回以降を盛り上げるためにどうすればいいかを考えて行くことが重要になりそうだ。その際にメジャーリーグが本気になるかどうか。今からNPBも行動しなければならない。
[ 2006/03/15 09:20 ] 野球 | TB(1) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL

人騒がせな合衆国
WBC POOL-1 チームUSA VS 韓国をカイシャのテレビでチラ見。D-TRAINが投げてたところとジュニアのホームランのあたりしか見てないが...なんかサンホアンラウンドのほうが似合う?っぽいD-TRAIN。こんなに悪いD-TRAINは見たことがない。体が重いし、飛...
Welcome
SEABLOGの潮風涼です
よろしくお願いします
Contact
SEABLOG潮風涼へのメールはseablogsports※yahoo.co.jpへどうぞ。(メール巡回収集対策で@を※にしています。@に訂正して送信ください)
Google


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。