SEABLOGスポーツ

潮風涼、スポーツの話題からビジネスで大切なあることについて話します。
SEABLOGスポーツ TOP  >  メジャー >  誤審でも勝ったメキシコの意地

誤審でも勝ったメキシコの意地

 WBCはメキシコがアメリカを2-1で破り、失点率でわずかな差ながら日本が準決勝進出となった。アメリカはまたしてもデビッドソン審判の誤審でメキシコのホームランを二塁打にしたり、アウトをセーフにしたりしたのだが、及ばなかったようだ。

 アメリカがこの疑惑の審判を処分することも無く使い続ける意図は何だろう。メキシコのホームランを二塁打にした判定はメキシコの抗議でも覆らず。アメリカの走者がライナーで飛び出して戻れなかった際にもアウトのタイミングをセーフにしたようだ。
 ここまでの誤審を行なう審判の動機は何だろう。MLBにとっては主催者としての権威に大いに傷がつく。デビッドソン審判の狙いはそこなのか。間違った愛国心なのか。偏見?単なる無能?...。いずれにしてもこれでMLBの権威と価値が大きく下がったことは否めない。
 アメリカの2次リーグ敗退も決まり、MLBの権威も落としたWBCは来年以降MLBが続ける意味をおそらく持たないだろう。だが、この試みは野球のためのターニングポイントになったことは間違いない。
 さて日本代表の3度目の韓国戦。誤審でも勝ったメキシコを見習って今度こそ韓国を破って決勝進出を期待したい。
[ 2006/03/17 14:53 ] メジャー | TB(-) | CM(-)
Welcome
SEABLOGの潮風涼です
よろしくお願いします
Contact
SEABLOG潮風涼へのメールはseablogsports※yahoo.co.jpへどうぞ。(メール巡回収集対策で@を※にしています。@に訂正して送信ください)
Google