SEABLOGスポーツ

潮風涼、スポーツの話題からビジネスで大切なあることについて話します。
SEABLOGスポーツ TOP  >  スポーツ >  ご飯一杯を賛辞だと言い張るフランス人(荒川選手の金メダル)

ご飯一杯を賛辞だと言い張るフランス人(荒川選手の金メダル)

 フランスのフィギュアスケート解説者フィリップ・キャンデロロ氏が荒川選手の金メダルに対しご飯一杯分の価値だと発言した件に関し、今でも言い訳をしているようだ。

 フィリップ・キャンデロロ氏はご飯一杯分の価値という意味は、「日本の心の象徴ともいえるコメが褒美として価値あるものと考えた。イタリア人選手だったならおいしいパスタを心ゆくまでと言っていたかもしれない」というもの。
 あまりに幼稚な言い訳だが、その程度の人間をフランスは公共放送の解説者にしている現実を振り返り、はたして日本の放送局はそういう人物を派遣したり、解説者にしていないか考えてみるのもいい機会だろう。
 問題は米ではなく一杯の方であり、パスタではなく心ゆくまでとの違いだ。墓穴を掘った言い訳にフランスのフィギュアスケートといえば、ソルトレークシティオリンピックのフランスのマリレーヌ・ル・グーニュ審判員が重なってみえた。
[ 2006/04/01 14:17 ] スポーツ | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL

Welcome
SEABLOGの潮風涼です
よろしくお願いします
Contact
SEABLOG潮風涼へのメールはseablogsports※yahoo.co.jpへどうぞ。(メール巡回収集対策で@を※にしています。@に訂正して送信ください)
Google