SEABLOGスポーツ

潮風涼、スポーツの話題からビジネスで大切なあることについて話します。
SEABLOGスポーツ TOP  >  スポンサー広告 >  野球 >  強い巨人と弱い楽天に共通のもの

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

強い巨人と弱い楽天に共通のもの

 巨人が4連勝と好調でセリーグ首位を走っている。対照的に楽天は予想以下の最下位。まだ開幕したばかりでわからないが、あまりにも単純な原因での好不調の気がしてくる。


 原監督に代わった巨人。もちろん昨年の弱い巨人はあの堀内監督だった。一方で野村監督に代わった楽天。昨年最弱の戦力でよく戦った監督は仙台市民に惜しまれて去った田尾監督だった。
 プロ野球の選手はなんて単純なんだろう。陰から陽に監督が代わると好調で勝ち始め、陽から陰の監督に代わると不調で負け続ける。
 そういえば楽天の選手の多くはあのいてまえ打線の近鉄の選手。思い出すのはあの鈴木啓監督の近鉄のエピソード。負け続ける責任をとってシーズン途中で鈴木監督が辞めると発表された途端に、どれほどうれしかったのか近鉄ナインはあわや優勝してしまいそうなほど勝ち始めてしまった。これでは鈴木監督が辞めずに残留してしまう。そう気づいた近鉄ナインはその後、おそらく勝てたのに勝たないようになってしまう。今の楽天はまさにあの近鉄のようではないのか。
 プロ野球選手も人だ。人が大切ということを忘れた経営者・オーナーはいつのまにかそういう人事をしてしまいがちだ。巨人と楽天をみて、もう一度自分の周りを振り返ってみてはどうだろうか。
[ 2006/04/06 22:53 ] 野球 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL

Welcome
SEABLOGの潮風涼です
よろしくお願いします
Contact
SEABLOG潮風涼へのメールはseablogsports※yahoo.co.jpへどうぞ。(メール巡回収集対策で@を※にしています。@に訂正して送信ください)
Google


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。