SEABLOGスポーツ

潮風涼、スポーツの話題からビジネスで大切なあることについて話します。
SEABLOGスポーツ TOP  >  メジャー >  NPBのレベルそのままのドーピング陽性、入来投手

NPBのレベルそのままのドーピング陽性、入来投手

 入来投手がMLBのドーピング検査で陽性を示し50試合の出場停止となったそうだ。入来投手は日本とアメリカで買ったサプリメントを飲んだだけという答え。すでに陽性を自白しているような答えだが、本人は困惑とのこと。あまりに無知すぎる。

 オリンピックに出場している選手が風邪薬さえ飲んでいないことを知らないのだろうか?サプリメントは普通の食べ物だと思っているのだろうか?日米で売られているサプリメントの基準が違うことも、そのサプリメントに何が含まれているのか全く知らないのだろうか?というかプロとして知ろうとさえしていなかったというのか?
 古いデータだが、アメリカで2002年に行った検査では売られているサプリメントの25%に禁止またはそれに近い成分が検出されたりしている。さらに問題なのは、アメリカではサプリメントは食品扱いのため安全性や有効性の検査が必要なく、成分表示さえまともにされていない場合も多い。
 NPBの選手に関してはあまりにそのあたりに無知な選手が多い。鶏のささみしか食べずに筋肉トレーニングだと言ってパワー重視した結果が全力疾走できない足に現れてしまっている選手などに代表されるような全く栄養学の知識がないまま逆効果のトレーニングをしている選手も多い。知らないまま気にもせずプロテインを飲んでいる選手などもっと多いだろう。プロテインにも禁止物質が含まれているものがあることを知っているだろうか?
 楽天が座学で栄養学を教えると話題になったこともあったが、田尾前監督に話を聞いた限りでは全く機能しているとは言いがたかった。
 きちんと選手に栄養学を教えることは大切だ。もしあの選手が知っていれば、今の故障ばかりの現実ではなく、鉄人のような大打者になっていたかもしれないのにということがないようにしたいものだ。入来選手の事件はNPBには他人事ではない


(本文中のリンクは過去の同じようなテーマの記事です)
[ 2006/04/29 16:29 ] メジャー | TB(-) | CM(-)
Welcome
SEABLOGの潮風涼です
よろしくお願いします
Contact
SEABLOG潮風涼へのメールはseablogsports※yahoo.co.jpへどうぞ。(メール巡回収集対策で@を※にしています。@に訂正して送信ください)
Google