SEABLOGスポーツ

潮風涼、スポーツの話題からビジネスで大切なあることについて話します。
SEABLOGスポーツ TOP  >  スポンサー広告 >  野球 >  パフォーマンスは新庄選手から球界への置き土産

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

パフォーマンスは新庄選手から球界への置き土産

 新庄選手が阪神戦の練習時にかつての阪神時代のユニフォームを着て登場したことに対し、セリーグでは協議した結果厳重注意を新庄選手に伝えたようだ。新庄選手が引退を発表してからのパフォーマンスはまるで球界への置き土産のようにも思える。

 今回の注意は「豊蔵会長らリーグ関係者は協議の結果、今回の一件をマナー違反と判断。本人に注意を促すことを決めた」とのことだ。開襟シャツのときもそうだったのだが、セリーグには「ユニホームもしくは球団名またはマーク入りの練習着を着用しなければならない」という規程がなく、いわば事後法によって遡って裁いたというような結果。
 豊蔵会長は「今後も繰り返すようなら制裁も考えている」とのことのようだが、それを言わなきゃ形式的な注意とも言えるのだが...。それならば同じく制裁は豊蔵会長にも必要なのではないだろうかと思えてきてしまう。
 何か起こらないと何もしない体質の球界を代表するような会長やコミッショナー。球界改革はやる気のないことがみえみえの牛歩のようなスピードで、任期切れまでほんのわずかなことしかやらないでやり過ごすつもりの人たちに対し、新庄選手は身を呈して考えさせ行動させようとしているかのようにさえ見える。(実際はプロとしての観客を楽しませるパフォーマンス要素がほとんどなのだろうが。)
 制裁しないといけないのは会長とコミッショナーだということには全く気がついていない人たち。新庄選手に制裁をすると考える前に、自分たちが何をやらないといけないのか少しくらい考えたほうがいい。
[ 2006/05/20 11:26 ] 野球 | TB(1) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL

襟付きアンダーシャツがダメなら、ここで広島球団に期待しようか(笑)
日本ハム新庄の「襟シャツ」3度目はダメ(日刊スポーツ) しょーもない通達を出す審
[2006/05/25 04:10] たれぱんだ号が行く!
Welcome
SEABLOGの潮風涼です
よろしくお願いします
Contact
SEABLOG潮風涼へのメールはseablogsports※yahoo.co.jpへどうぞ。(メール巡回収集対策で@を※にしています。@に訂正して送信ください)
Google


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。