SEABLOGスポーツ

潮風涼、スポーツの話題からビジネスで大切なあることについて話します。
SEABLOGスポーツ TOP  >  野球 >  中村ノリ選手とプロ意識の大きな溝

中村ノリ選手とプロ意識の大きな溝

 オリックス中村ノリ選手が契約更改交渉を行い、態度を保留したようだ。中村選手は「9月に左手首を手術した時、球団関係者は誰も来てくれなかった。1年生じゃあるまいし、オリックスにとって僕は必要じゃないのかなと思った。冷たい。寂しいね」と語ったとされているが、このまるで子供のような態度にプロ意識は見えてこない。

 中村ノリ選手の今期成績はわずか85試合出場で打率232、12本塁打。チームに対し全く貢献したとは言い難い。オリックスの提示が40%ダウンとも50%ダウンとも言われる来期の年俸だが、それでも1億円。今の中村選手に1億円の価値はあるのだろうか。
 中村選手に関しては「近鉄中村選手の幻想」「帰ってくるな中村ノリ」「中村紀洋選手の行き場はない」「中村ノリ選手の1年」などでも書いたことだが、全く言動が一致しない。プロとしての責任感がまるで感じられない。
 プロスポーツ選手とは言葉ではなく実績で示すもの。オリックスへは行かないと発言してメジャー挑戦したのに戻ってきてオリックス。メジャーは実力の世界じゃないのかと発言して1割2分8厘、3打点、本塁打0。そのうえすぐ日本へ帰ると発言。今回もオリックスを「冷たい」と発言できるだけのことをしてきたのか。
 中村選手に対し、その言葉そのまま返したいファンも多いことだろう。「1年生じゃあるまいし、実績で示してから発言しろ」と。「オリックスにとって僕は必要じゃないのかなと思った」とのことだが、プロ意識のない選手は必要ではないと言ってあげたらどうだろうか。
[ 2006/12/13 20:23 ] 野球 | TB(2) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL

[野球]”SEABLOGスポーツ:中村ノリ選手とプロ意識の大きな溝 - livedoor Blog(ブログ)
 この人も被害者なんだろうか?しかし、だとすると今のこの人は理解しがたいな。
[2006/12/15 01:40] 我に七難八苦を...
契約更改、Winny、アカハラねたまとめて
気になったネタをまとめてあげときます。
Welcome
SEABLOGの潮風涼です
よろしくお願いします
Contact
SEABLOG潮風涼へのメールはseablogsports※yahoo.co.jpへどうぞ。(メール巡回収集対策で@を※にしています。@に訂正して送信ください)
Google