SEABLOGスポーツ

潮風涼、スポーツの話題からビジネスで大切なあることについて話します。
SEABLOGスポーツ TOP  >  スポンサー広告 >  その他 >  ノーモア巨人、驕る巨人は久しからず

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ノーモア巨人、驕る巨人は久しからず

 読売ジャイアンツ滝鼻オーナーが、文部科学省からセリーグ開幕を延期するよう求められたことに対し、「節電してくれってことは政府が言うことだろうけどさ、開幕を何日にしろなんてのはお上(かみ)が決めることかね」と発言したようだ。

 ナベツネからオーナーが変わっても発想は同じ。プロ野球が市民のおかげで成り立っているという意識はまるでないような発言。反感すら覚えてしまう。こんな球団をかつて応援したことを恥じるとともに、二度と巨人の試合はいらないと感じてしまう。

 さらに読売滝鼻オーナーは、「パ・リーグが先行していろんなことを決めているようですけど、そうはいかない」とセパ同時開幕への動きもけん制し、交流戦をやめるというカードをちらつかせてパリーグの言論封じをしようとしている。

 今、パリーグには、斎藤佑ちゃん、ダルビッシュ、マー君をはじめ人気者がずらり。巨人の試合よりも真っ向勝負の面白さは格段に上だろう。今年から星野監督のパフォーマンスもある。驕る巨人は久しからず。もう、巨人の試合なんてテレビで放映しないでほしいほどだ。その代わり、パリーグの面白い試合とメジャーリーグをお願いしたい。

 ノーモア巨人、ノーモア滝鼻オーナー、ノーモアナベツネ。
[ 2011/03/23 20:54 ] その他 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

Welcome
SEABLOGの潮風涼です
よろしくお願いします
Contact
SEABLOG潮風涼へのメールはseablogsports※yahoo.co.jpへどうぞ。(メール巡回収集対策で@を※にしています。@に訂正して送信ください)
Google


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。